完成しました!

ガレージ

車2台がゆったりと停められます。

ガレージ2

建物へと続くアプローチはお施主さんのたのしみとしました。

内観

開放感にあふれる室内。

2階の高い位置にあるエアコン1台で真夏でも快適に過ごせます。

冷たい空気が下へ落ちる空気の流れを利用しています。

薪ストーブ

お施主様こだわりの薪ストーブ

料理も楽しめ生活にうるおいを増します。

キッチン

造作のキッチン

大工さんの腕がなる仕事でした。

天窓からそそぐ日差しが心地良く室内を明るく照らします。

2階

屋根にも断熱材を施工し、外気の影響を受けにくい造りとすることにより天井をはらずに過ごせます。

パーゴラ

パーゴラ、物置

ツタのあるものを育てるご予定とお聞きし、パーゴラを設置。

物置もバウハウス仕様。

工事中から注目のを浴びていたこちらの住まい。

地域の方々にもたくさんご協力をいただきました。

ありがとうございました。

完成おめでとうございます。

外構工事

外構工事が終盤を迎えました。

玄関アプローチ

屋根付きガレージに玄関まで枕木を敷き、自然素材のあたたかみを演出。

弊社では外構工事でも自然素材をおすすめしています。

コンクリートのような熱を蓄え照り返しのきつい素材は使わず芝生と古枕木を敷きこんで造ります。自然の風合いと雨水が地下に浸透しやすく環境に優しい設計です。

玄関窓

目の前が公園なので借景を楽しめるよう大きな窓を設置。

ドッグラン

リビングに面したデッキからも緑が眺められます。

ペットと暮らすお住まいを希望されこちらではわんちゃんがのびのびと駆け回れるよう板塀をご用意。

寝室

2階寝室からも公園の緑を眺められます。

こちらのお住まいは6月8,9日に完成見学会を開催いたします。

公園の緑を眺められ、自然素材にかこまれた住まいはとても心が落ち着きます。

また、空気がきれい、過ごしやすい室内環境、開放的な空間。

これからの季節、じめじめ・べたべたがなくエアコン1台で快適に過ごせます。

エアコンが苦手な方、ぜひ一度弊社の住まいをご体感ください。概念が変わります。

居心地の良さを是非、ご体感ください。

アクセントカラー

公園を向かいにしたK邸は建物を奥に置き人の気配が気にならないよう配慮しました。

新築現場施工中外観

アクセントカラーを置いて建物をスタイリッシュな印象に

新築現場アクセントカラー

大きなガラス板をはめました。

バウハウスの高気密×高断熱×トリプルサッシ

外の音も気になりませんし、外気の影響も受けにくい造りです。
玄関ガラス 収納

このアクセントカラーの中身はSICでした!

まだ仕上げ途中ですが、お施主様のご要望にお応えしました!
玄関ガラス立地

公園が反射して映っていますね。

建物を奥に置いたのでのぞかれることもありません。

内観板壁

リビングダイニングには板壁が!

奥様のこだわりのようです。

年月と共にあめ色になり落ち着いた色を出してくれる板壁ですが

全体に貼ると重くなってしまうので一部分に貼ることをおすすめしています。
玄関借景

 

リビングから公園の緑を眺めることができます。

これぞ、立地を活かした設計です。リビング階段吹抜け キッチン造作家具

階段や造作家具もつき始め、完成も間近となりました。
キッチン コンロ 家事スペースコンロもこだわり、料理人であるご主人のご要望にお応えいたしました!

開放的空間

トップライトからの光でリビングも程よい明るさで過ごせます。
WIC

2階にはWICを設けました。こちらはクロスを貼っていきます。

外観

完成見学会は5月を予定しております。

お楽しみに!

工事のながれ

20181018_154451

2018年10月地縄張りが行われ、建物の位置出しをしました。

SONY DSC

2018年11月には地鎮祭を執り行い土地の神様に工事中の安全を祈念し

工事が始まることをお知らせいたしました。

IMG_3034

2018年12月 JIO(第三者機関)による配筋検査を行いました。

基礎にも断熱材を施工し建物をすっぽりと覆う土台を作ります。

P1050751

2019年1月に上棟を無事迎えました。

木造軸組み工法と2×4工法の良いところを活かした住まいです。

P1050831

2月には太陽光発電が屋根に設置されました。

ZEH(ゼロエネルギーハウス)の住まいです。

一次消費エネルギー(生活していく中で必要なエネルギー、主に電気)を

太陽光発電で賄いプラスマイナスゼロにするといった省エネ住宅です。

CO2の削減にもなり環境にもやさしい住まいづくりをしています。

P1050833

大屋根が特徴的な外観です。

外構工事もすすみ、見学会も近づいてきました。

4月20、21日を予定しております。

引き続き安全に配慮して工事を進めさせていただきます。

外構が終わりました

外部は外構が終わり、デッキやデッキ屋根等出来上がりました。

これから板金屋さんが仕上げを行い、植栽をして完了となります。

内部は完了検査も通り、器具付・クリーニングが終わっています。

これから掃出しの障子を付けて、外部と共に社内検査を行って竣工となりま2 (2)

3 (2)

これ、なんでしょう?

実はポストなんです。

明けたところを写真にとっていなくてすみません。

8

和モダンを意識した格子がアクセント。

天井の合板も杉板を使用しました。

完成見学会は1月26日27日に開催しました!

足場が外れました

外部は、軒天の塗装と外壁のモルタル・板金の仕上げが終わりました。

足場の解体を行いましたので、

これから外構工事やデッキ屋根工事を行います。

 

内部では、家具製作や内部造作が終わり、石膏ボードを貼っている最中です。

これからキッチンの取付や仕上げを行い、建具を入れたらクロス工事となります。

1 2 3 4 5 6 7  9

10

11

進捗状況

現在、外周りは本屋根のトップライト・煙突・仕上げまで終わり、

ポーチの屋根の下地工事を行っております。

1

 

2

銀色の部分が弊社で使用している断熱材です。

アルミを貼ってあり、紫外線からの劣化を防ぎ、熱を通しにくくしています。

アキレスのQ1ボードを使用しています。

345

屋根も断熱材で包み、外気の影響を受けにくくしています。

「真夏、屋根裏が暑くてまるでサウナのよう。」といったことがありません。

断熱施工後にルーフィング(防水工事)を貼り化粧材(ガルバリウム)で屋根工事は完成です。

6 7 8 

木をふんだんに使っています。

痩せや狂いのない強度のある構造用集成材を使用し、クレテック(金物工法)を採用し地震にも強い躯体です。

 

現在は電気工事が入っています。

次回の更新をお楽しみに!

 

 

断熱施工

屋根にルーフィングを貼りました。施工中

雨仕舞もしっかり行っています。

屋根断熱 断熱施工 外断熱施工2

外壁には厚さ40ミリの断熱材を施工しています。

銀色の部分はアルミです。熱を反射し、紫外線からの劣化を防ぐ役割を担っています。

ちなみに、屋根には厚さ50ミリの断熱材を使用し、建物をすっぽりと覆う外断熱工法を採用しています。

壁内の空気の通り道と仕上げ材の下地となる胴縁というものを付けている最中です。

これから、下屋の屋根や軒先・軒天の取付を行います。

 断熱・気密

隙間が無いように発泡ウレタンを埋めていきます。

エアコン一台で全館冷暖房が可能な住まいは気密性、断熱性と建ててからでは見えない部分も丁寧に施工し、しっかりとした造りの家に仕上げていきます。

内観 内観施工 第三者機関検査

屋内は間柱と1階の床合板を貼り終えました。

躯体の検査を第三者機関に依頼し、合格(適格)しました。、

今後、電気屋さんが配線作業を行う為、天井や壁の下地を施工。

そして、大工さんはフローリングを貼り始め、造作(家具など)に取り掛かります。

換気機械 1階

 

 

基礎工事始まりました!

基礎工事が始まりました。

1建物の高さや位置を表す遣り方

2

地鎮祭時にいただく鎮め物を一緒に。

3

割栗石を敷き詰め

4

防湿シートを敷き込み

5

基礎配筋工事

6

コンクリート打設。

第三者による配筋検査も行いました。

これから上棟にむけ、事故の内容一層気を付けてまいりたいと思います。

外工事

外側に断熱材を施工する外断熱工法を採用しています。

断熱欠損がなく、高性能住宅への施工のしやすさなどの理由があげられます。

外観

 

家の形断熱

断熱材にはアルミが貼ってあり、熱の影響を受けにくい仕様です。

P1040633

外壁の一部にモルタルを使用しています。

「年月とともに色あせることのないデザインを・・・」

風化、劣化することのない味わいを楽しめる住まいを提案しています。