完成いたしました

th_IMG_8980th_IMG_8987th_IMG_9018

モルタル掻き落としを基調としたシンプルなデザインの住まいができあがりました。バウハウスオリジナルポストと枕木を使用したカースペースがアクセントになっています。

th_IMG_9036th_IMG_8956th_IMG_8947

2階にリビングスペースを設け明るく広々とした空間を実現しました。キッチンスペースもゆったりとした広さを確保しています。

th_IMG_9024th_IMG_9023

リビングの上には大きなロフト空間を設置。天窓からの光も差し込み、居住スペースとしても十分な明るい空間ができました。

th_IMG_8971th_IMG_8968

ロフトへの上がり方は階段だけではありません。リビングの壁一面にはクライングウォールを設置して遊び心のある空間にしました。

th_IMG_8917th_IMG_8915th_IMG_8998th_IMG_9007th_IMG_9003

水回りやウォークインクローゼット、玄関周りや階段下収納など各所に収納を設け、生活空間に物が溢れないようにし、暮らしやすさを実現しています。

外壁工事と作り付け家具

th_IMG_8559 th_IMG_8560

外壁はモルタル掻き落としの施工が進んでいます。

th_IMG_8561 th_IMG_8562

キッチンの枠や階段、窓枠の仕上げなども順調に進んでいます。

th_IMG_8563 th_IMG_8564 th_IMG_8565 th_IMG_8566

2階のリビングは屋根の勾配なりに吹き抜けを確保し開放感を生み出しています。

th_IMG_8567 th_IMG_8569

キッチンの背面の食器棚の寸法を図り、棚板の加工をしていきます。

気密検査

th_DSC05928 th_DSC05929

バウハウスでは、全棟気密検査を行なっております。上記の写真が検査を行うための機械。室内の空気を外に吐き出し内部の圧力を測定します。

th_DSC05932 th_DSC05930

配線やダクト、壁の隙間を徹底的に閉めていきます。

th_DSC05939 th_DSC05946

慣れてくると、どの辺に隙間ができやすいのかが経験値でわかるようになってきます。日頃の丁寧な施工が高気密の住宅を実現します。

上棟式です

th_IMG_7400 th_IMG_7401

土台、柱、梁、そして垂木の上に下地の合板を張っていきます。

th_IMG_7404th_IMG_7405

下地の合板の上に断熱材を張っていきます。断熱材と断熱材の張り合わせの部分は、気密をしっかり取るためにテープを貼っていきます。

th_IMG_7402 th_IMG_7403

屋根の断熱材が張り終わったところで、本日の作業は終了です。いよいよ上棟式の開始です。

th_IMG_7409 th_IMG_7418

メモリアルのピンを打ってもらい、四方の柱にお酒をかけて建物を清めます。

th_IMG_7421 th_IMG_7427

棟梁の掛け声で乾杯です。これからも暑い日が続きます。安全に建物が建つように頑張ります。

 

基礎工事

th_IMG_7109 th_IMG_7110

ベタ基礎の工事風景です。現在は、基礎の立ち上げ部分の施工を行なっております。基礎断熱を採用しているため、すでに基礎のコンクリートの周りはしっかりと断熱材で包まれています。この断熱ボードは地中約30センチまで打ち込まれており、夏の熱気や冬の冷気をシャットアウトします。エアコン一台で全館冷暖房を可能にするための大事な工事なのです。

地鎮祭の日

th_IMG_6978 th_IMG_6996th_IMG_6992th_IMG_6998 th_IMG_7005 th_IMG_7015 th_IMG_7027 th_IMG_7031

 

天候にも恵まれ(炎天下)でしたが、無事地鎮祭を行うことができました。皆様、暑い中お疲れ様でした、そしておめでとうございました。

地盤改良工事

DSC05817DSC05822

 

基礎工事の前に圧密工法で地盤改良工事です。

DSC05823DSC05824

 

敷地内にコンクリートの柱をつくっていきます。今回は深さ3.5メートルの杭を19本打ちました。

DSC05821