じめじめしない!

こんにちは。バウハウスの天野です。

梅雨らしい天気が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
この時期は「じめじめしていて洗濯物も乾かないし、ストレスばっかりたまるわ~」という
声をよく聞きます。結露も多く除湿剤を買ってきているなんてことも。
なので洗剤のコマーシャルも「生乾きのにおいがしない!」とか
梅雨時期の嫌な臭いもこれで除菌!!シュー!!みたいなのが多いですね。
でも、これって根本的な解決になっているのかな?
そもそもなぜ、家がじめじめしてしまうのか・・・

じめじめの原因は空気中に含まれる水分の量!
気温によって空気中に含まれる水分の量は低い温度よりも高い温度のほうが水分を多く含みます。
なので同じ湿度50%でも夏の方が水分の量が多く、梅雨の時期は気温も高く水分の量も多い。
空気が室内にたまるほど湿度も同じようにたまるのでじめじめが増していくのですね。。。

室内で洗濯物を干せば水分の量も多くなりますから、ますますじめじめして
洗濯物も乾かない!ですよね~

でも、バウハウスの家なら
☑梅雨時でもカラッと過ごせます。
☑結露がありません
☑じめじめ・ベタベタがありません!

これはバウハウスの構造に仕掛けがあります。
まず、湿気は空気よりも軽いので上にあがります。
これを排気孔に集めて、外へ排出します。

また、空気が入ってくる給気孔。
室内に入ってくる前にも空気は通気層から給気孔のフィルターを通ります。
この、通気層がポイントで、直接湿気を吸い込まない工夫がされているのです。
通気層+換気機能=湿気が無い
換気機能もしっかり働かせるため、気密性能を高めています。

弊社では第三種換気といって 自然給気+機械排気 による換気設備を使用しています。
第一種換気設備(機械給気+機械排気)を導入してるところも多くありますが、コストがかかりすぎるデメリットがあります。
腕の良い大工さんと、空気がまわる設計、気密検査によって快適な空間と住まいを提供しています。

17
断熱材と通気胴縁を施工中

スーモくんでおなじみのリクルートスーモサイトでも「梅雨時にこまることは?」と題したアンケートを実施した結果が載っていました。
http://suumo.jp/journal/2017/05/24/133947/

梅雨時期の困った

第1位はやはり、洗濯物が乾かない・・・でした。
主婦にとっては悩みの種ですよね。家事が終わらない原因にもなりますし、プールの授業があった時や体操服が乾いていない・・・と焦りますよね。
だからこそ、性能の良い家に住んでほしい!メリットがたくさんあります!
余裕が生まれると、ゆとりが生まれます。ゆとりが生まれると周りを見れるようになります。周りをみると自分を見つめることができます。自分を見つめると豊かさにつながります。
自分がどうなりたいか、子供にどう育ってほしいか。「豊かな暮らし」をお考えの皆様、快適な住まいでぜひ、お過ごしください。