ZEHとバウハウス

こんにちは。バウハウスの天野です。

今年もよろしくお願いします。
先日、茨城県石岡市にて見学会を開催しました。
皆さん、ZEH(ゼロエネルギーハウス)ってご存知ですか?
簡単にいうと家庭内で使う光熱費をプラスマイナスゼロにしようという考えの住宅です。
ではどうしたらこの家が建つのか。
仕組みはとても簡単で、太陽光発電で作られたエネルギーを家庭内で使うエネルギーに充てようというもので
バウハウスの住まいに太陽光パネルを載せると基準値をクリアするという極めて単純な仕様です。

このZEHの住まいを造るにも登録工務店でなければ造ることができません。
簡単に「バウハウスではできますよ~」といっても他社の場合はなかなか難しいのが現状です。
なぜなら、他社が今までの住まいと同じように建てていてはZEHの基準をクリアしないからです。
バウハウスの建物の標準仕様は皆さんご存知のように「エアコン一台で全館冷暖房」をコンセプトにした
高気密・高断熱の高性能住宅です。
C値といわれる気密値(家じゅうの隙間の数値)も名刺1枚分の大きさ程しかなくとても少ないです。
また、UA値といわれる建物の保温、保冷性も北海道や東北地方の基準値並の数値ですから
夏涼しく、冬暖かい住まいが実現できます。
丁寧な施工と、断熱性能の大切さを訴え続け「健康で快適な暮らしを送ろう」と考えた創業者三品の思いがやっと周知されてきたと言っても過言ではないでしょう。

バウハウスを創業し始めに完成内覧会を開催した時も「なんでみんなこういう家を造らないの?」と質問されたことがありました。
なぜでしょう?こういう家が造れる、こういう家があるということを知らないからです。
デザインや間取りは目でみてわかりますが、断熱、気密性能は体感してみないとわかりません。
今回の石岡の住まいのお施主様も 間仕切りも無く、吹抜け大空間の間取りを見せられた際に「こんな家で本当に寒くないの?」と
衝撃をうけたそうです。まだまだ受け入れられなかった。と話す奥様の気が変わったのは実際に貝塚モデルを体験した時に
「本当に寒くない」と感じたことがきっかけだったそうです。

寒さこそストレスの元。
皆さん、快適に過ごしたいと考えている方がいたら寒くない、暖かい家をおすすめしてください。
寒かったら暖房をつければよいと考えるかもしれませんが、家の中の温度差は家庭内の事故を起こすヒートショックの原因になります。
快適に健康に暮らしたと考えたら、「家全体を暖める」ことを考えてみてください。
「家のどこにいても寒くない」トイレにもお風呂にも戸惑うことなく移動できます!着替えも楽々。

ちなみにZEHは国からの補助金がでます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です