第164回 スペイン巡礼の旅2

こんにちはバウハウスの三品です。もう6月ですね。日本を立って約一月、たぶん今頃は巡礼の旅程も半分を過ぎ、巡礼路の都市「レオン」あたりを歩いているころと思います。
私が歩く予定の巡礼路は「フランスの道」と呼ばれ、フランスのサン・ジャン・ピエ・ド・ポロから国境ののピレネー山脈を越えスペインの北西部を歩き、
ユーラシア大陸最先端のガルシア州のサンティアゴを目指します。もっとも重要とされ人気のある巡礼路です。
 巡礼宿は公営で5~10ユーロ、私営でも15ユーロで泊まれます。個室はなく大部屋の2段ベッドに先着順です。設備はいたってシンプルでシーツは無くマットのみ。
持参した寝袋でシーツと布団を兼用します。食事は自炊も可能ですが荷物の軽量化の為すべて外食としました。食事代を入れても一日約30ユーロ、4000円程度で過ごせそうです。
2か月で24万円、往復の飛行機代も入れて50万円程度で済みそうです。超格安の旅です。
 心配なのは体力、一日25キロ、着替えや雨具、日常生活用品一式をリュックに詰め背負って歩きます。荷物はなるべく軽量に纏め体への負担が少なくなるようにしました。
ややもするとあれもこれもとなりますが10Kを越えないようにしました。軽くするのが一苦労でほとんどを登山用品でそろえました。登山用品は高額ですがなんといっても軽さが魅力です。
 体力も半年ほど前から散歩に精を出し、5キロ、10キロ、15キロと距離を伸ばし体を慣らしてきました。しかし、連日という訳ではないのでこの点がちょっと気がかりです。
 とにもかくにも元気な帰国報告ができるように頑張ってきます。留守中、皆様にはご迷惑をかけることもありますがよろしくお願いします。