ヘッダーロゴ 住まいの設計工房バウハウス 株式会社バウハウス/バウハウス一級建築士事務所
メイン写真

都心に通える里山暮らし



リビングでも庭でもアウトドアライフを満喫
快適な暮らしを支える高い気密・断熱性がカギ


キャンプや登山などを楽しむアウトドア派のS様ご夫妻
我が家に求めたものは、眺望や無垢材を生かし、家にいながらアウトドア感覚で暮らせることにあった。

そんな夫妻が家づくりについて調べている時に出会ったのが、住まい設計工房バウハウス。
「貝塚モデルハウスに行って、一目で気に入りました。開放的で回遊性のあるプランは家族の気配が感じられるし、
自然素材の温もりや薪ストーブなど、イメージしていた空間が広がっていたんです」と、ご主人は目を輝かす。

そこでご夫妻は、土地探しから同社に依頼。
ほどなく、田園風景に広がる緑豊かなこの地を紹介され、モデルハウスのプランをベースに、窓の配置にも配慮した住まいを完成させた。
「LDKからの眺めは抜群。デッキも広くて快適です」とご夫妻。

吹き抜けの大空間でも、冬は薪ストーブのみでポカポカに。
「外が寒くても、家では薄着でいたかったので、願いがかないました。これも断熱のおかげだと思うんです。
実は気密・断熱性を計測した数値を見せてくれる点もバウハウスさんに決めた魅力のひとつだったので、納得の住み心地ですね」とご夫妻。

快適な住環境の中、自然と親しむ豊かな暮らしを謳歌するS様ご家族だ。


①リビングからフラットに繋がるウッドデッキ。チェアやテーブルを出しても、ゆったり使える広さを確保したので、日差しや風を肌で感じながら、ブランチやバーベキューを楽しむのだそう。庇を深く取っているので、夏の強い日差しもしっかり遮ってくれます。


 

②田園風景を見渡せる南側に向けて、窓を大きく開いたS様邸。ガリバリウム鋼板や杉板を張った和モダンな外観デザインが印象的です。
③建物の北側の庭は、今のところ薪割りや薪置き場として活用

「いずれはここにバラやグリーンを植えて、イングリッシュガーデンをつくりたい」とご夫妻の夢は広がります。
④「大きな切妻屋根で、一見すると平屋のように見えるデザインが、山小屋風で気に入っています(ご主人)」。

⑤バーチフローリングや環境クロスを貼ったリビングは、小屋組みを表しにして開放感たっぷり。夏は2階のエアコン1基で快適な室温になります。
⑥対面キッチンは、手元が見えないようにカウンターの立ち上がりを高めに設定。カウンターやテーブルはバウハウスオリジナルの造作です。
⑦吹き抜け越しに家族の気配が伝わります。

⑧ご主人が選んだ薪ストーブは「クラシカルなデザインが気に入って」とヨツール製 。

⑨スライスしたりんごをストーブに載せてドライフルーツづくりを。「家ができてから、暮らしがさらに楽しくなりました」とご主人。