基礎着工から上棟まで

千葉県市原市の現場です。

べた基礎

バウハウスのエアコン一台で全館冷暖房の住まいの重要ポイントの基礎部分です。

よく見ていただけるとわかるように基礎にも断熱材を覆っています。

地中の温熱環境を活かし基礎を冷やさない工夫がされています。

基礎ボルト

上棟の前段階

土台敷きです。

上棟

上棟2

上棟4

上棟5

上棟屋根

上棟雨仕舞

クレーンで材料を積み上げ大工さんと鳶さん息を合わせて行っていきます。

事故の無いように細心の注意をはらいます。

屋根までかけて雨仕舞を行います。

屋根

屋根にも断熱材を施工し、空気の通り道を作ります。

屋根断熱 真夏でも外気の影響が受けにくいことはもちろん、通気層を設け

湿気など空気がこもらない造りとし、建物を長持ちさせる工夫としています。

銀色に貼られているのが断熱材です。

屋根には壁や基礎よりも厚いものを使用しています。