いよいよ完成間近です。

東船橋O邸の工事もいよいよ大詰めとなってきました。

まもなく完成です。

 

dsc05435

吹抜けたLDKは開放感があります。

壁の一面は板張りとしました。 dsc05436

建具は一本一本現場に合わせて手作りします。

dsc05437

階段は蹴上のないストリップ階段としました。

視線が抜けるので広いLDKが更に広く感じます。

dsc05442

こちらのお宅では檜風呂を採用したので壁面に張る檜材をカットしています。

dsc05447

外観はバウハウスオリジナルのモルタル櫛引と杉板の仕上げです。

年数を経る程に味わい深く変化していく見た目にもメンテナンスにも良い仕上げです。

気密測定。

気密測定を行いました。

img_6965

バウハウスでは全棟気密測定を行っています。

建てる住宅全ての検査を行う事で住宅性能に差が出ないように施工しています。

まだあまり周知されていませんが、断熱と気密は切っても切り離せない関係にあります。

特に気密は重要で気密性能を高めると様々な住宅のストレスを無くすことが出来ます。

シックハウス、生活臭、結露やカビといったものの原因は『換気』がされない事にあります。

しっかり『換気』を行い、きれいな空気の住宅をつくりましょう。

上棟しました。

IMG_1745

IMG_1781

基礎工事も完了し、上棟しました。

IMG_1879

IMG_1892

IMG_1901

IMG_1916

IMG_1927

骨組みが完成し、建物の形が見えてきました。

棟木も上がり、上棟式を行います。

P1030058

P1030064

P1030075

お施主様に棟木のピンを打ち込んで頂き、締め固めが完了しました。

ピンの打ち込み完了後、建物の四方にお酒をまいて清めていきます。

P1030080

お施主様へ職人を紹介し、ご挨拶を頂きました。

 

上棟をもって、鳶から大工へ工事を引き継ぎます。

O様、上棟おめでとうございました。

基礎工事。

基礎工事が進んでいます。

IMG_0994 IMG_0995

バウハウスの基礎はべた基礎が標準です。

コンクリートを打設する前に防湿シートでしっかり覆い、

地面からの湿気が上がってこないように施工します。

IMG_0989

こちらは基礎断熱。

屋根、外壁、基礎まで断熱材を連続させる事で

建物の熱が逃げない工夫がされています。

 

こうしたいくつもの工夫によりエアコン1台で全館空調の出来る

快適な住宅となります。