完成しました。

完成した内観をご覧ください。

2-2 2-3

2-4 2-5

P4020052

木をふんだんに使用して温かみのある仕上がりになりました。

吹き抜けが1階~2階~小屋裏までつながっているので

開放感と広がりを感じるお家になりました。

 

完成した外観がこちらです。

1-1

1-21-3

1-5

奥行きのある敷地に佇む家。

枕木とマリンランプのサインが迎えてくれます。

外観はガルバリウム鋼板を主体とした屋外の木部と調和したデザインです。

デッキはLDKと地続きにして刻印入りのブランコを設置しました。

庭はなるべく自然のまま、土を残しています。

数年経てば緑が広がり、さらに素敵な外観へと変化していきます。

 

仕上げ工事に入りました。

石膏ボード張りも完了し、仕上げ工事に入りました。

P3090130 P3090142

パテでボードの表面を平滑に仕上げ、クロスを張っていきます。

P3090139 P3090141

ベランダからの眺望。

開放感があってとても気持ちいいです。

バウハウスのバルコニーは屋根を掛け、

手すりの笠木にも板金を施し、

木部が傷まないように工夫して施工しています。

P3090148 P3090120 P3090155

外観も完成に近づいてきました。

アプローチやサイン廻りに使用される枕木は実際に線路で使用されていたものです。

『味』があっていい感じです。

木工事に入りました。

木工事に入りました。

大工さんと板金屋さんが作業に入っています。

外断熱材が張り終わり、外部の下地作業を行っています。

P1010127P1010131P1010137

P1010134

バウハウス特徴の現し天井。

建築時は白っぽい木が経年変化で段々と赤みを増します。

P1010140

傷が付かないように養生にも気を遣って作業中。