ヘッダーロゴ 住まいの設計工房バウハウス 株式会社バウハウス/バウハウス一級建築士事務所
メイン写真

時を重ねるほどに味わいと愛着が深まる家

バウハウス貝塚モデルハウス


心地よい家は、家族を豊かにする。
豊かな家族は、暮らしに味わいを見つけ、より素敵に輝いていく。
まるでピュアな心を持つ人が繍う、肌触りのような住まい。




木が持つ美しい表情に包まれた開放的な空間には、ほんのりと暖かく、しっとりとした柔らかな空気が漂い、
そこに佇む人を包み込んでくれる。
この心地よさは一体どこからやってくるのか。その問いに弊社三品は答える。

「部屋の空気が、外の空気と同じだからです。
快適で豊かな暮らしのベースとなるものは、断熱と気密、そして計画換気。
夏は優しい涼しさに包まれ、冬は柔らかい暖かさに抱かれる。しかもどの部屋に行ってもその心地よさが変わらないのが理想です。
ではそんな住環境をどうやって生み出すのか。その答えは全館冷暖房。
そう聞けば『全館冷暖房なんてイニシャルもランニングコストも高くつく』と考えがちですが、
実はそこに日本の多くの家づくりの問題点が隠されているのです!

*バウハウスでは断熱性・気密性を高めるため、外断熱工法を採用。高性能な固形断熱材で住まい全体を包み込むことで、次世代省エネ基準をはるかに上回る性能を実現。C値(隙間相当面積)は0.5以下が基本。たった1台のエアコンで全館冷暖房が可能にしている。そのためバウハウスの家ではイニシャルもランニングコストも低減させながら快適空間を実現している。

たとえ性能が高いとされる断熱材を採用したとしても、施工力が悪ければ断熱・気密なんて保てません。
また、結露も断熱性能と換気性能が中途半端だから起きる現象です。
バウハウスの家は、断熱と気密、計画換気に徹底的にこだわり、室内の空気は2時間おきに全て入れ替わります。
常に新鮮な空気を取り込んでいるから、心地いいのですよ。」




三品は続ける。「床にはメープルやレッドパインなどの無垢材を用い、天井は"現し仕上げ"にし、経年変化を「味わい」として愉しむ提案をしています。
建てたときが最高に美しく、月日が経てば経つほど汚れていく…そんな家づくりは絶対にしたくない!
子ども部屋なんて最初から作らなくてもいい。親が愉しみ、工夫しながら暮らせる家に住めば、子どもたちは健やかに成長します。
そういった暮らしのソフトも提案する、それがバウハウスの家づくりです。」




①リビング:トップライトから光が降り注ぎ、空間全体をやさしい明るさで包み込んでくれる設計。現しの天井によって山小屋のような雰囲気も醸し出すことができた。
②小屋裏ロフトスペース:子ども部屋兼ファミリールームとして使用できる空間。将来個室が必要になれば間仕切りすればいい。
③ゲストルーム:小屋裏にはゲストルームを配した。適度の穴蔵感もあってしっとりと落ち着いた空間。
④檜風呂:いい香りとあたたかい湯気に包まれて、最高のリラックスタイムを。
⑤ダイニング:床の無垢材と空気感に合わせ、テーブルやカップボードなども造作。






随時 内覧受付中
[ 所在地 ] 〒278-0023 千葉県野田市山崎貝塚町22-10
実際の生活を内覧していただけます。
常時オープンではありませんので、内覧ご希望の方は事前にご連絡ください。
内覧お申し込み:TEL. 04-7127-8200   mail : info@bauhouse.co.jp
pagetop