冬の建築探訪

寒さが一段と厳しくなってきました。

ということで冬の建築探訪のテーマは、少しでも温かくなるような話題にしたいと思い、温泉建築です。今回おすすめしたい温泉建築は、群馬県吾妻郡中之条町にある四万温泉「積善館」です。

四万温泉の近くには、とてもきれいな川が流れています。

 

ニホンカモシカに遭遇してしまうような山の中に、四万温泉はあります。

 

積善館は「本館・山荘・佳松亭」という3つの建物に分かれているのですが、おすすめなのが一番古い本館です。積善館は1691年(元禄4年)に誕生し、幾度か改築をしながらも現存する日本最古の湯宿建築となっています。開業から300年以上経っていると考えると驚きです。

この赤い橋を渡ると積善館の本館です。この雰囲気は何かに似ていると思いませんか。

実はジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われています。夕景の写真が撮れていればもっと伝わったかもしれません。すみません…

入口から古い歴史を感じます。

そしてこの積善館で一番おすすめしたいのが温泉です!

「元禄の湯」は昭和5年に完成し、現在も当時の姿のままになっています。扉を開けるとそこには5つの湯舟があるだけ…ですが、このアンティークな雰囲気が普通の温泉にはない魅力があり、タイムスリップしたような気持ちになります。ちなみに脱衣場はお風呂場入口の脇にちょこっとあるだけです。(設備の面で不安な方は、別館の新しいお風呂にも入ることができるので安心です。)

温泉以外にも本館にはいろいろ見所がたくさんあります。

伝統を感じる和室があったり、

 

建物の中にこんなトンネルがあったり、

色づかいが絶妙な休憩室があったり、

お洒落な階段があったり、

カメラを持ってフラフラするといっぱい写真が撮りたくなってしまいます。他にもたくさん見所はありますが、あとは行ってからのお楽しみということで…

タイミングが良いと宿の方から建物の説明をしてもらえます。もしご興味がある方は、ぜひ一度訪れて体感してもらえればと思います。

四万温泉には、歓楽街やコンビニなどありません。少し不便で、特別なものはありませんが、湯に浸り、しっかりと身体を休めることができることが最高の贅沢です。

交通事故の3倍以上?!冬場の住宅に潜む死の危険

こんにちは、築20年のアパート住まい、2Bです。

10月後半から気温が下がり、朝晩の冷え込みも出てきましたね。

すでに、朝起きるのが辛くなってきています。

これから来る真冬が心配です(笑)

 

ところで、皆さんは「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?

家の中の温度差が原因となり、心臓に負担がかかる事で起こる体調不良ですが、

最悪の場合、死に至ります。

「ヒートショック」…家の中の温度差は、血圧の急激な上下をもたらし、体に大きな負担をかけます。これが原因となり、心筋梗塞や脳梗塞を発症して死亡するケースも少なくありません。

意外と知られていないこの「ヒートショック」ですが、

年間の死亡者数は、交通事故のそれをはるかに超えます。

ヒートショックの死亡者数は年間約17,000万人、交通事故死亡者のおよそ3.7倍です。

グラフからも見て取れるように、住宅が寒いと健康を損ないます。

最近の研究では、住宅の温かさが頭と体の健康に直結する事も分かってきており、

新聞や週刊誌などでも度々取り上げられるようになってきています。

週刊文春10月5日号

しかしながら、我が国日本では、

こういったヒートショックの危険を未然に防げる「温かい家」は、

まだ全体の5%程度しか普及していないと言われています。

先進国では当たり前とされている高断熱の温かい家ですが、

日本はかなり遅れているのが現状です。

 

バウハウスでは創立以来、外張り断熱の温かい家を一貫して造り続けています。

説明や数値的なところではいまひとつ理解しにくいこの「温かさ」については、

寒い時期に体感して頂く事が一番ですので、まだ冬のバウハウスを未体験の方は、

ぜひモデルハウスへお越し頂ければと思います。

今週末、11/10(金)11(土)17時~20時

貝塚モデルハウスにてナイター見学会を行います。

ご来場お待ちしております。

 

 

 

シンプルデザイン

いつも大変お世話になっております。営業課の1Bです。お施主様とは主に設計のお打ち合わせでお付き合いいただいております。バウハウスのこだわりは多方面に渡りますが、「快適」「健康」「省エネ」「シンプルデザイン」を根幹に据えた提案を心がけております。「シンプルデザイン」とはモノの構成要素を限界まで排除して要求品質を成り立たせること。先日完成した物件をごらんください。

 

建物はもちろん、敷地内にも余分な要素はありません。こうして初めて「凛とした佇まい」が表現でき、お施主様に今後の庭造りのイメージも膨らませていただけると考えております。

一方で、こんなお宅も見かけます。

これが玄関へのアプローチです。あぁまるで、腐海をさまよう虫たちの声が聞こえてくるようです。ついでにご近所さんの嘆きの声や、お住いの奥様の「お隣さんに申し訳なくてご挨拶もしづらい」というつぶやきまで…。そんな声に押されて旦那さんも暑い中、頑張ったのでしょう。数時間後、腐海は元の大地を取り戻し、アプローチは再生の機会をうかがうまでになっていました。

恥ずかしながらこれは1Bの現在の拙宅です。不要な要素を排除すると、本当に必要なものが見えてくることがあります。このアプローチは今後、どのような変化を見せてくれるのでしょうか。またご報告できたらと思います。