車3台収容!電動オーバーヘッドシャッターを採用した高品質木造ガレージハウスを詳しく紹介します

少し前のブログにも載せましたがガレージハウスのネタを今一度…

先日、ガレージ専門誌の掲載写真を撮るカメラマンに依頼し、撮影を行ってきました。素敵な写真をいただいたので、私のチンケな写真じゃお伝えできなかった高気密高断熱にこだわった、高品質木造ガレージハウスの詳細をご紹介します。

密度の高い市街化が進んだ住宅街に、そのガレージハウスはあります。アメリカンフェンスが視界を遮ることなく敷地の境界を囲みます。シンプルな外観に奇抜さはありませんが、道ゆく人の視線を引く凛とした佇まいです。

一階は大判タイル張り床のガレージスペースを中心とした構成、2階はLDKになっています。大断面集成材により、木造の広い無柱空間を実現しています。ガレージシャッターは電動オーバーヘッド方式とし、開閉のストレスがない快適な使い心地となるように配慮しました。

1階と2階をつなぐ吹抜け。線の細いアイアン階段(踏板はこだわりの木製)が軽やかに上下の空間をつなぎます。1階の奥に見える白い窓は外部空間ではなく、サニタリールームの灯りです。

そのサニタリールームにはガレージの床タイルが続き一体感を演出しています。壁は大判の白色タイル仕上げ、建具はステンレスの鏡面仕上げ枠を特注し、品の良い高級感を醸し出す空間としています。入り口のガラス引戸には白色フィルムを施工し、視線を遮りながら光を取り入れる配慮をしています。

シャワー水栓はハンスグローエというメーカーを採用しました。オーバーヘッドとハンドシャワーが利用できます。機能とともにデザイン性も重視しました。

薪ストーブはコンツーラC850です。小ぶりな鋳物ストーブの存在がサロンスペースの居住空間としての性質をより強調させます。主張を抑えたデザインのR加工した鉄製遮熱板は、C850の存在感をより引き立たせます。

2階の大空間LDKです。生活感のない空間というご要望があり、シンプルな架構と仕上げを心がけました。キッチンセットはトーヨーキッチンのBAY I-LANDというオールステンレスのセットで、この無機質な存在が空間の良いアクセントとなります。

2階のキッチン用配管はガレージスペースの天井付近にまとめておりてきます。通りよくラッキング(配管カバー)をすることで、無骨なガレージのイメージを保ちながら乱雑さや日常感を排除することができます。

こうして木造の温かみと機械的な無骨さが共存する、あまり例を見ないショールームのようなガレージハウスが完成しました。

住宅以外も、実はこだわってつくっているバウハウス。

引き続きご愛顧ください。

施工中現場を見ませんか?

お世話になっております。2Bの藤井です。

HPの「施工中現場をみよう」、しばらく更新が止まっていますが

日々、現場の方は動いております。

現在、千葉エリアで3棟(南房総市・佐倉市・野田市)

茨城エリアで4棟(石岡市・守谷市・阿見町・つくば市)施工中です。

南房総市S様邸
佐倉市O様邸
石岡市A様邸
守谷市M様邸

阿見町M様邸

つくば市K様邸

建設中は完成後では見ることの出来ない「なかみ」を見る絶好のチャンスです!

弊社ならではの工法や、職人の作業風景を見てみませんか?

基礎完成状況
金物接合状況
断熱、気密施工状況

各現場の進捗や見学のお問い合わせは随時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

家づくりを検討中の方はモデルハウスや完成見学会のほか、是非施工中の現場も見て頂きたいと思っております。

きっと家づくりが楽しくなりますよ!

切っても切り離せない建築と土地の関係

大変お世話になっております。1Bです。朝晩の涼しさが骨身に沁みいります。

さて、建築というものは土地に定着するという前提がありますので、いざ建物を計画した際には土地からの影響を大きく受けることになります。身近なものには地盤の強度がありますね。崖地では「崖条例」と呼ばれる規制がかかったりもします。そんな中で、ほんのりとロマンを感じさせるのが「埋蔵文化財」です。

バウハウス野田のモデルハウスがある地区は貝塚史跡がある土地です。大昔の人が生活していた集落跡や土器などが地中に埋まっているらしいです。こういった地区は行政から文化財保存地区に指定されていることが多く、建築を行うときは都道府県の指導のもと簡単な発掘調査が入ります。地盤面下の遺跡にダメージを与えない程度の建築であればこの調査後に工事がスタートするのですが、重要な遺跡が発見されたり、地盤補強で地中深くに杭を打ち込む必要が出たときなどは文化庁の指導で本格調査が始まります。この調査がなかなかオオゴトです。

バウハウス野田 建築工事前 発掘調査

バウハウス野田 建築工事前 発掘調査

画像は建築工事ではなく、発掘調査の現場です。学芸員さんがきて遺跡を探して回ります。規模によりますが発掘期間は数ヶ月かかる場合もあります。こうなるとロマンなんて言ってられません。お施主様が早く建てたいとおっしゃっても建築屋にはどうすることもできません。早く調査が終わることを祈るばかりです。

 

調査後の敷地内で地鎮祭を行うことも。神様もびっくりでしょう。なかなかできない経験ですので、お施主様にとっても家づくりの印象的な思い出にしていただけたのではないでしょうか。

バウハウス野田 建築工事前 発掘調査 地鎮祭

間取りを考えたり設備を選んだりするだけでなく、上記のような思いがけない経験ができることも住まいづくりの醍醐味です。一生に一度の機会ですから、丸ごと全部楽しんでいきたいですね。