住まいの完成見学会は「体感」することに意味があります

花粉の影響もだいぶ楽になってきました。と思いきや、陽気は春を飛び越して夏のようです。朝の着るもの選びが難しいですね。そんな前振りはさておき暑くなりそうな今週末、皆様お待ちかねの完成見学会を行います。今回は弊社モデルハウス至近での開催になります。

バウハウス体感見学会開催します。大きな看板が目印です。

画像をよくご覧ください。弊社の完成見学会は、「体感見学会」と銘打って行います。目で見る情報だけでなく、5感で感じていただきたい居心地の良さがあるからです。この居心地の良さは「断熱」「気密」「計画換気」にこだわった弊社の建物性能をもって初めて実現できます。

朝日が気持ちいい広々リビング。眼前には史跡公園の緑が望めます。

建物性能を謳い文句にするハウスメーカーの建物の中には、使用する材料の制約から内外装のデザインが野暮ったくなってしまうものが多く見受けられます。しかしバウハウスは材料の素材を活かしたシンプルデザインにこだわり、凛々しさと普遍的な美しさをもった建物に仕上げています。

構造材を現した内部空間。一般的な住宅より仕上げ材が少ないので、実は建築コスト削減にも効いてます。

より住まいでの時間を愉しむ為には仕掛けづくりも重要です。デッキスペースや薪ストーブがある暮らしは「自慢の住まい」を「自慢の愉しい住まい」へと変えていきます。目隠しの板塀は建物の雰囲気作りに大きく影響する上に、プライバシーを保ちながら街の表情にもなる中々難しいアイテムです。ぜひ少し離れた通りから眺めて確認してみてください。

アウトドアリビングとなる屋根付デッキ。

今回の見学会では、リビングを見下ろす小さな室内窓を設けた2階納戸空間がご覧になれます。コストをかけずにちょっとした工夫で楽しい空間をつくる参考にしていただけると思います。

なぜだかわからないけど嬉しくなる感覚があります。覗いてみてください。

弊社モデルハウスと併せて3棟同時見学できる機会はなかなかありません。住まいづくりをご検討されている方はぜひ、今週末の体感見学会をご活用ください。お待ちしております。

施工中現場を見ませんか?

お世話になっております。2Bの藤井です。

HPの「施工中現場をみよう」、しばらく更新が止まっていますが

日々、現場の方は動いております。

現在、千葉エリアで3棟(南房総市・佐倉市・野田市)

茨城エリアで4棟(石岡市・守谷市・阿見町・つくば市)施工中です。

南房総市S様邸
佐倉市O様邸
石岡市A様邸
守谷市M様邸

阿見町M様邸

つくば市K様邸

建設中は完成後では見ることの出来ない「なかみ」を見る絶好のチャンスです!

弊社ならではの工法や、職人の作業風景を見てみませんか?

基礎完成状況
金物接合状況
断熱、気密施工状況

各現場の進捗や見学のお問い合わせは随時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

家づくりを検討中の方はモデルハウスや完成見学会のほか、是非施工中の現場も見て頂きたいと思っております。

きっと家づくりが楽しくなりますよ!

気密性と換気の良し悪し

おはよう御座います。2Bです。

今日は建物の気密性と換気について触れてみようと思います。

 

家造りを検討されているお客様で、意外と気にされていない建物の気密性(家の中にどれだけの隙間があるか)ですが、実はとても重要です。

何故なら、この気密性が換気の良し悪しを決めるからです。

弊社では家を造っていく際、取り合い部分や配線/配管処理で生じた外部へ通じる穴の部分などを一つひとつ丁寧にウレタンフォームで塞いでいきます。

一見地味なこの作業が、きれいな空気環境を生み出すポイント。
気密性が良いお家、隙間の少ないお家は換気システムがしっかりと機能し、生活臭を排除してくれます。

 

気密測定(気密検査)も全棟で実施しています。HP上ではC値1.0以下と記載しておりますが、実測の平均値は0.5を下回ります。

ただこの気密性ですが、注意するべき事が一つだけあります。
よく住宅展示場などへ行くと、営業の方が気密は数値が低ければ低いほど良くて弊害はありませんと説明されていますが、大きな間違いです。

0.1など極端に数値が低い場合(気密性が高い場合)、過乾燥や窓が開きにくくなったり、エアコンのドレン管から結露水が室内へ逆流してきたりと幾つか弊害があります。
性能を重視して家づくりをお考えの方は、注意が必要です。

 

今回は触れていませんが、住宅における換気システム、換気の方法は1種タイプと3種タイプの2パターンあります。その違いについては、また別の機会にお話しさせて頂こうと思います。