車3台収容!電動オーバーヘッドシャッターを採用した高品質木造ガレージハウスを詳しく紹介します

少し前のブログにも載せましたがガレージハウスのネタを今一度…

先日、ガレージ専門誌の掲載写真を撮るカメラマンに依頼し、撮影を行ってきました。素敵な写真をいただいたので、私のチンケな写真じゃお伝えできなかった高気密高断熱にこだわった、高品質木造ガレージハウスの詳細をご紹介します。

密度の高い市街化が進んだ住宅街に、そのガレージハウスはあります。アメリカンフェンスが視界を遮ることなく敷地の境界を囲みます。シンプルな外観に奇抜さはありませんが、道ゆく人の視線を引く凛とした佇まいです。

一階は大判タイル張り床のガレージスペースを中心とした構成、2階はLDKになっています。大断面集成材により、木造の広い無柱空間を実現しています。ガレージシャッターは電動オーバーヘッド方式とし、開閉のストレスがない快適な使い心地となるように配慮しました。

1階と2階をつなぐ吹抜け。線の細いアイアン階段(踏板はこだわりの木製)が軽やかに上下の空間をつなぎます。1階の奥に見える白い窓は外部空間ではなく、サニタリールームの灯りです。

そのサニタリールームにはガレージの床タイルが続き一体感を演出しています。壁は大判の白色タイル仕上げ、建具はステンレスの鏡面仕上げ枠を特注し、品の良い高級感を醸し出す空間としています。入り口のガラス引戸には白色フィルムを施工し、視線を遮りながら光を取り入れる配慮をしています。

シャワー水栓はハンスグローエというメーカーを採用しました。オーバーヘッドとハンドシャワーが利用できます。機能とともにデザイン性も重視しました。

薪ストーブはコンツーラC850です。小ぶりな鋳物ストーブの存在がサロンスペースの居住空間としての性質をより強調させます。主張を抑えたデザインのR加工した鉄製遮熱板は、C850の存在感をより引き立たせます。

2階の大空間LDKです。生活感のない空間というご要望があり、シンプルな架構と仕上げを心がけました。キッチンセットはトーヨーキッチンのBAY I-LANDというオールステンレスのセットで、この無機質な存在が空間の良いアクセントとなります。

2階のキッチン用配管はガレージスペースの天井付近にまとめておりてきます。通りよくラッキング(配管カバー)をすることで、無骨なガレージのイメージを保ちながら乱雑さや日常感を排除することができます。

こうして木造の温かみと機械的な無骨さが共存する、あまり例を見ないショールームのようなガレージハウスが完成しました。

住宅以外も、実はこだわってつくっているバウハウス。

引き続きご愛顧ください。

社長観察 その1

社長が瞬時に姿を消す時・・それは何かを思いついた時。

先週より何やら大事そうに豚バラのケアーをしております。何をしているのかな・・。

少し覗いてみましょう。

今日の貝塚展示場はなんだか煙っぽいです。煙突からではなく、ウッドデッキから煙が出ている様です。

ん?ウッドデッキに見慣れない箱が・・ありますねぇ~。

どうやら煙はこの箱から出ている様です。ん?このキャンドルは何だろう?

(関係ありませんでした・・)

良くみると木の箱には温度計が取り付けられ、針は70度を指しています。温度計を見ると「いぶし処」と記載が・・どうやら燻製器の様です!

ここで社長登場。箱を開けて嬉しそうに中を見せてくれました!

どうやらベーコンづくりに挑戦していたそうです。燻製器ば数千円で造れるそうですよ!

電熱器コンロの上に燻製用のチップが、これなら火を焚くより安全ですね。

おぉ~ベーコンです!良い感じに燻されています!!

達成感を醸しながら自作のベーコンを丁寧にラップする社長。

お見事です!!w

スタッフ一同、味見をお待ちしております!

 

施工写真撮影、その他写真について色々

おはよう御座います、2Bです。

 

前回、SNSの話題を上げたところ早速反響がありました。

OBのS様、ありがとう御座います。また、先日は見学会へのご協力もありがとう御座いました。物件写真もステキなものが多いのでFacebookやチラシなどでしばしば使わせて頂いております。(事後報告ですみません(^^ゞ)

 

ひとつ前の投稿で3B氏が、写真の話題を上げているので今回はそれに少し乗っかってみようと思います。(他にネタが無いわけではありませんよ)

大体他のバウブロメンバーも嗜んでいると思いますが、実は私もカメラは趣味のひとつだったりします。愛機はPENTAX K-S2。

こちらは、先日の見学会時にMyカメラで撮影したもの。(ブログ用に質を落としているのでやや粗いですが)構図、水平垂直はもちろんの事、プラス奥行(抜け感)、アングルなど私は撮影時に意識しております。これらが揃っていればスマホでも十分きれいな写真は撮れます。

 

因みにこちらが個人のインスタ、8割方iPhone撮影によるものですが、恐らく下手だなとは思われないハズです。笑

次回の更新は10月です。もう完全に秋ですね。バウハウスのOB様だと下旬には薪ストーブを稼働させるかもしれないな・・といった事を思ったのではないでしょうか?

こちらは石岡モデルハウスの写真ですが、そうです、HP1ページ目にあるモデルハウスの紹介写真、実は撮影者は私2Bだったのです。(^^)

 

最後にもうひとつ、ちょっと耳寄りな情報を。

現在、こちらのモデルハウスは売りにも出しているのですが、なんと販売価格は税込2,510万円(土地建物プラス家具付きです!)築1年経ち少しお安くなっております!85坪の土地がタダ同然のよう…。

詳しくはコチラへ

http://aoki-smilekan.es-ws.jp/es/sale/2124141169980000000012

以上、2Bでした!