「安くて広くて環境がいい」土地を探して今日もゆく。

近頃お客様に紹介するべく、土地探しにあちこち出向いています。求めるのはズバリ、「安くて広くて環境がいい」土地です。なかなかありませんので、出会ったら即買いです。土地選びの鉄則ですね。皆求めることは一緒なので躊躇しているとすぐ手を付けられてしまいます。悩まれるのは分かりますが土地購入には勢いも必要ですね。同意いただける経験者の方、多いのではないでしょうか。

そんな土地探しをしていると、以前住んでいた方の生活が垣間みえて面白い物件に出会ったりします。例えば今日見た物件です。

岩??

最初たじろぎましたが庭石です。巨大な庭石があちこちゴロゴロしています。

4、50年前に庭先に庭石を置くのが流行った時期があると聞いたことがあります。私と同年代の方、ご両親のお住まいには結構あるのではないでしょうか?

画像が荒くてすみません。中央は池の跡です。

池の跡があり、上流から川が流れるようになっていました。この物件に住まわれていた方の庭造りに対する意気込みを感じますね。ポンプが見当たりませんでしたがまさか上水をかけ流ししていたのでしょうか??

私の拙宅にも前住民が置いた大きめの庭石が一つありますが、設置に100万円以上かけたとおっしゃってました。そう考えるとこの物件、ひぃふぅみぃよぉ、、

散らかって見えますが、、まぁ、散らかってますね

下世話な想像で失礼しました。きっと縁側から眺める自慢の庭園は格別なものだったでしょう。

ちなみにこの物件、更地渡しのようなので購入するときは何もない状態になるはずです。少し残念ですがしょうがないですね。その状態を想像すると、この金額でこの広さは…買いかな?!

帰り際、フェンスに「庭石ご自由にお持ち帰りください」という手書きのポップを見つけました。いやいや、さらっと言われても無理でしょ?っと、ひとりツッコミをいれながら帰ってきました。

車3台収容!電動オーバーヘッドシャッターを採用した高品質木造ガレージハウスを詳しく紹介します

少し前のブログにも載せましたがガレージハウスのネタを今一度…

先日、ガレージ専門誌の掲載写真を撮るカメラマンに依頼し、撮影を行ってきました。素敵な写真をいただいたので、私のチンケな写真じゃお伝えできなかった高気密高断熱にこだわった、高品質木造ガレージハウスの詳細をご紹介します。

密度の高い市街化が進んだ住宅街に、そのガレージハウスはあります。アメリカンフェンスが視界を遮ることなく敷地の境界を囲みます。シンプルな外観に奇抜さはありませんが、道ゆく人の視線を引く凛とした佇まいです。

一階は大判タイル張り床のガレージスペースを中心とした構成、2階はLDKになっています。大断面集成材により、木造の広い無柱空間を実現しています。ガレージシャッターは電動オーバーヘッド方式とし、開閉のストレスがない快適な使い心地となるように配慮しました。

1階と2階をつなぐ吹抜け。線の細いアイアン階段(踏板はこだわりの木製)が軽やかに上下の空間をつなぎます。1階の奥に見える白い窓は外部空間ではなく、サニタリールームの灯りです。

そのサニタリールームにはガレージの床タイルが続き一体感を演出しています。壁は大判の白色タイル仕上げ、建具はステンレスの鏡面仕上げ枠を特注し、品の良い高級感を醸し出す空間としています。入り口のガラス引戸には白色フィルムを施工し、視線を遮りながら光を取り入れる配慮をしています。

シャワー水栓はハンスグローエというメーカーを採用しました。オーバーヘッドとハンドシャワーが利用できます。機能とともにデザイン性も重視しました。

薪ストーブはコンツーラC850です。小ぶりな鋳物ストーブの存在がサロンスペースの居住空間としての性質をより強調させます。主張を抑えたデザインのR加工した鉄製遮熱板は、C850の存在感をより引き立たせます。

2階の大空間LDKです。生活感のない空間というご要望があり、シンプルな架構と仕上げを心がけました。キッチンセットはトーヨーキッチンのBAY I-LANDというオールステンレスのセットで、この無機質な存在が空間の良いアクセントとなります。

2階のキッチン用配管はガレージスペースの天井付近にまとめておりてきます。通りよくラッキング(配管カバー)をすることで、無骨なガレージのイメージを保ちながら乱雑さや日常感を排除することができます。

こうして木造の温かみと機械的な無骨さが共存する、あまり例を見ないショールームのようなガレージハウスが完成しました。

住宅以外も、実はこだわってつくっているバウハウス。

引き続きご愛顧ください。

Coming Soon!!!

暑い・・けど平気です!

準備終わりそうな気がしてきました!!💦

少し部品の仕様を変えましたのでお知らせ致します。

 

サンプルのグリップはゴツすぎたので、桟木は40×30を半分に裂き美しく変更しました。ヒンジ(ダボ)の動きも改善されております!

グリップはΦ35タモ積層材→ Φ18ヒバ集成材に変更しました。

スコップホルダーのベース(写真の黒い部材)は材料の関係で丸→四角へ変更・・。

バンパーは変更なく赤松で。

あっ、テールランプは丸が揃わず・・長方形へ変更になります。すみません・・

メインタイヤの溝はもう少し浅くしました。

背面タイヤは無塗装で溝無しに変更しました。

 

因みに背面タイヤはビスを8本外すと二枚に分割できます。

前輪が欲しい方!是非改造してみて下さいね!!

 

車輪以外のパーツは好きなところへ取付ができますので

木工教室当日は、自分だけのプランターボックスに仕上げて下さい!

 

どうぞお楽しみに!!

 

 

速報:ガレージハウスが完成しました

ついに完成です。

通常の木造住宅では見かけないセイ(高さ)の梁を駆使し、無柱の大空間を構成しています。

多くは語りません。大切なコレクションと過ごされる豊かな時間を包み込む一棟がこちらです。

じゃーん!

ガレージハウスです。車に目が行きがちでしょうが、建物にも目をやってください。弊社でも多くのお問い合わせをいただいているガレージ建築ですが、私はこの規模の設計をさせていただいたことはありませんでした。お施主様、素晴らしい挑戦の機会を与えていただきましてありがとうございました。

2階は大空間のLDKのみ。シンプルな空間構成は住まい方の選択肢を広げます。そして1階は、、、

お施主様の大切なコレクションが鎮座しております。

一階はガレージ空間とサニタリールーム、そして薪ストーブが置かれたサロンスペースで構成されています。

オーバーヘッドのシャッターも断熱・気密性能に注意して選びました。そこはバウハウス、妥協しません。そのためちょっとした体育館のような大空間も、エアコン1台で空調できます。その代わり!シャッターを閉めたままのアイドリングは厳禁です。これが大前提の設計となっております。

毎度のことですが、建物のお引き渡し時は大切な我が子を嫁がせるような(経験ありませんが)、嬉しくて寂しい、複雑な気分になります。

なので一言、言わせてください。

大切にしてもらえよ。たまに顔見に行くからな(涙)!

銀色の秘密

夏真っ盛りの気候です。暑いですね。一般的な住宅にお住いの方は、足元と頭付近の温度差や天井や壁からの熱気で、エアコンをつけていてもどこか不快な思いをされていると思います。

夏の室内の暑さは太陽の赤外線が建物自体に熱を持たせ、その熱が室内に放射されることで起こります。エアコンはその温度を下げようと休むことなく全力運転を続けることになり、これが電気代のアップにつながっていきます。

そのためバウハウスでは、建物が赤外線の影響を受けにくい仕組みを採用しています。その一つが下の写真です。

バウハウスでは標準でこの銀色のウレタンボード断熱材を採用しています。表面にアルミが蒸着してしているために銀色に見えます。アルミは赤外線の反射率が高く、断熱材(ウレタン部分)への赤外線の影響を低減します。これは遮熱といわれますが、この遮熱性能とウレタンボードの高い断熱性能が組み合わさることで、夏の室内の快適性と省エネ性を高めています。

この断熱材を大工さんが一枚一枚隙間なく丁寧に施工していきます。アルミに反射した赤外線をまともに受ける大工さんは大変です。夏場は日焼け必至の作業になります。

この断熱材同士や、サッシとの取り合い部分などに気密テープを施工することで、高断熱・高気密住宅になります。

こうして施工途中の一時期、バウハウスの建物は光り輝く銀色の姿になります。不思議に思われていた方、ご納得いただけましたか?

鎧張りに隠されたギミック

毎日暑い・・けれど私は意外と平気です。

今日は松戸市の現場へ行き地縄を出して参りました。(あれっ、見えない)

何リットルの汗が流れた事か・・でも若くない私は意外と平気です!

(言い聞かせ)

バウハウスの事務所も住宅同様「暑さ寒さ知らずの建物」である事は既に皆様ご存じですよね?

でも外壁の鎧張り部分に温度低減効果を狙ったギミックが施されているのをご存じでしょうか?写真をよ~くご覧ください。

あれ、見えない・・

これでどうだ・・・見えますかね・・??

ではアップで・・見えますか??

正解は「ミスト」でした!

バウハウスのアプローチは西日がとても強く、夏季は物凄く熱せられます。

そじこでヒンヤリとした井戸水をミストで散布し、来社頂く方々へ涼しさをご提供させて頂いております!

周辺温度より2℃程度の温度低減効果があるそうですが、何よりも視覚的に「涼し気」ですよね!

 

このミストは今年で4年目。

暑いけど頑張れ!!

 

 

 

 

 

BAUHOUSEって何屋?

OB様宅に設置させていただいた”BAUPOSS”ですが

お蔭様で大盛況をいただいております!

お施主様にはポストの管理をして頂き、スタッフ一同心より感謝しております!

有難うございます!!

で、七光台に在る事務所はというと・・

いまだに何屋かはっきりしないのかな??という事で

若いyu-daiに通り沿いに看板を設置依頼しました。

快くすぐに加工し据え付けしてくれました!

yu-daiは仕事が丁寧(粗くない)なので安心して任せ(放って)られます、w

建築屋はこうでなくてはいけません!!

器用になったなぁ~・・・

恋人募集中!!

そんな若くてカッコイイyu-daiに会いたい方は

是非七光台の事務所までお越しください!

お待ちしております!!

 

 

家庭菜園を楽しむための工作をしました

季節は梅雨時期を迎え蒸し暑い日が増えてきました。この時期になると思い立つのが家庭菜園です。毎年、我が家の広大な庭に何種類かの苗を地植えしてみるものの手入れを怠り、雑草に覆われながら巨大化していく野菜達に手を焼くことを繰り返しています。

そこでもっと気軽に家庭菜園ができないものか調べてみると、ありました。

少し前からにわかに流行っていたようですが、ホームセンターなどに売っている袋入りの野菜の土をそのまま利用する「袋のまま栽培」です。これならデッキの上でも手軽に野菜づくりが楽しめます。園芸関係のメーカーさんのHPにも色々と紹介されています。

株式会社花ごころ様のHP。なんでもできますね。

ただ一つ、デッキの上ですからもう少し見た目の印象を変えてみたい…そこでバウハウスらしいデザインコードを取り入れながら「袋の栽培」を楽しむためのプランターを工作してみました。

まずは材料をカット!パーツをひと通り切り揃えておきます

図面を引いて工作を開始です。ひと通りパーツをサイズ通りに作っておくことで後の作業がぐっと楽になります。段取り八分とはよく言ったものです。

インパクトドライバーとビスで接合していきます。

まず箱の骨組みとなる枠を作ります。なぜ格子のようになっているのでしょう?もう少し進むとわかっていただけると思います。この枠を組み立てると…

野縁材です。建物の下地材として広く使われる材料を使ってます

こんな感じの箱型になりました。もう8割がた完成です。この箱の中に袋を載せる床となるパーツを入れてみます。

水濡れする部分ですがあえてツーバイフォー材を採用!なぜなら、余分に持っていたからです…

今回は袋の置き方によって床の高さが変えられるようにしています。枠の格子は床を受けるダボ金物を仕込むためのものでした。

ここからは道具を玄能に持ち替えて釘打ち作業です。仕上げ材を張っていきます。

茶色く塗装された板材を釘で打ち付けていきます。どこかで見たことがありますか?

バウハウスファンの皆様にはおなじみの姿ではないでしょうか。そうです。板塀です。今回は板塀のデザインを取り入れてみました。

袋を平置きするとこんな感じ。イチゴやハーブはこの置き方が良いようですね。

我慢できずに袋を仮置きしました。私には見えます。元気に育つ小松菜の群れが!

ちょっと大きすぎたかな…袋を縦に二つ置くとこんな感じです。

仕上げにプランターの取っ手にもなる縁を取り付けて完成です。縦置きすると大根や支柱の必要なトマトなどが栽培できます。デッキで大根を収穫するなんてこと自体、楽しい経験ではないでしょうか?

威風堂々、…プランターには見えませんね…

一見、公共空間の街路樹を囲むベンチにも見えますがこれはプランターです。新たに開発中の浴槽でもありません。

バウハウスの住まいや板塀をバックに、デッキの上に置かれるコイツを想像して見てください。いい雰囲気が出ると思いませんか?

今年はここで夏野菜を作ろうと思いますので、またご報告できれば幸いです。

間取りのつくりかた(入門編)

そうそう、間取りの作り方掲載するの忘れていましたね。

では早速・・

 

弊社の場合は廊下で区切られた一般的な間取りではなく「広がり空間」が特徴です。

簡単に申しますと大きな一部屋を考える感じです。

「広がり空間」は全館冷暖房に向いたな間取りですので、気密・断熱・換気の3つが備わった家づくりにはお勧めです。

「広がり空間」の欠点は音の問題でしょうか。お勤め時間が不規則な方や年頃のお子様がいらっしゃる方は先にご相談下さい。

「弊社は家族の気配を感じる家づくりをご提案しております」等と決して押し切る事は致しませんので、w

 

先ずなんでも良いので方眼紙をご準備下さい。ひとマスを0.5帖と仮定してください。

間取りの各部位が何マスなのか解説致しますね。

 

                   

玄関+ホールは2マス×3マス(3帖)程度で考えます。

2マス×2マス(2帖)でもOKですが、靴を出しっぱなしにされる方には少し狭いかもしれません。下駄箱の奥行きは40センチ弱みてください。

 

                                

トイレは1マス×2マス(1帖)です。押入れも同様の大きさです。

              

少し広めのトイレの場合は 1.5マス×2マス(1.5帖)とします。

 

   

洗面所は2マス×2マス(2帖=1坪)とします。

この洗面所の場合、洗面化粧台の幅は90センチ、洗濯パンの大きさは幅74センチ×奥行64センチが入ります。背面収納は奥行30センチです。

               

同様の大きさのもので、浴室・階段などがあります。

 

         

真っすぐ上がる階段は弊社の場合1マス×3マス(1.5帖)になります。(他社さんの場合1マス×4マスの事があります)

 

    

キッチンは2.5マス×4マスで考えます。この場合システムキッチンの幅は255~270センチまで設置可能です。通路幅(食器棚との間)は約1mとれます。

 

   

ダイニングはできれば3マス×3.5マス(5.25帖)とります。意外とダイニング廻りは収納が必要であったりしますので、4.5帖だと少し狭いかもしれません。

テーブルは6人掛けまで置けます。

 

      

4.5帖のお部屋は3マス×3マスで考えます。洋室も和室も同様です。

(因みに畳の敷き方に意味がある事ご存知ですか?)

 

   

主寝室は4マス×3マス(6帖)で考えます。寝るだけの部屋と割り切ります。

 

      

ウォークインクローゼットは3マス×2マス(3帖)で考えます。

  

もう少し広い方が・・という場合はマスを増やしてみましょう。

(ウォークインクローゼットは通路部分が収納になりませんので注意!)

 

その他

ピアノを置かれる場合は2マス。椅子を出すともう少しスペースが必要かな。

(ピアノの音って基礎換気口から結構漏れます。弊社の外断熱基礎には換気口はございませんのでご安心下さい)

薪ストーブはシーズン中は結構廻りに物が増えますので、1.5マス×1.5マス程度みます。

斜め置きしない場合には幅2マス×奥行き1.5マス程度で考えます。

 

簡単ではございますが、ざっとこんなサイズになります。パズルみたいですかね・・

慣れないと「イイ間取りが出来た!!」と思った時、2階に上がれない・・とか、トイレが無かった・・とかあると思いますが、是非楽しみながら間取りを組み立ててみてくださいね!

細かい事はまた機会がございましたらお話しさせて頂きます。

 

 

 

 

 

バウハウス園芸部の活動

大変お世話になっております。1Bです。風薫る五月、天気のいい日はアウトドアが気持ちいいですね。弊社自慢のアウトドアリビング「屋根付きウッドデッキ」でのんびり過ごされているOB様も多いかと存じます。そんな屋外でのひと時をより豊かにする為に必須のアイテムといえばやはり植栽。弊社では植栽についても自社で計画・施工を行っております。先日もOB様宅へお邪魔させていただき植木工事をしてきました。

施工するのはバウハウス園芸部の猛者たちです。当ブログでおなじみの5B以下、工事課のプリンスやバウハウスの姫の姿も見えます。スタッフ総動員で作業を進めていきます。

田園風景を一望できるこのお庭がどう変わるのか?事前に草刈りをしていただいたお施主様のご期待に応えるべく、連日の植栽工事で疲れた体を奮い立たせて作業開始です。

大きな樹木は二人掛かりで。枝ぶりを見みて位置を決めて植えていきます。

一方向の見え方ばかりを気にしていると、違う角度からの見え方がおかしくなってしまいます。全体の見えかたを意識して微調整を繰り返します。この作業はもはやスクワット。特に大きな樹木は体にこたえます。

今回採用されたグランドカバーはイワダレソウ。雑草を生えにくくしてくれます。初めは小さな株ですが、根を伸ばして地表を覆っていきます。

丁度サツキが花をつけている時期ということもあり、アプローチ周りも明るく彩られました。

作業後、お施主様にとてもおいしいお昼ご飯をご馳走になりました。植えたばかりの植栽をながめながら堪能いたしました。ヘロヘロだった体もこれで復活です。ごちそうさまでした!

以上のような雰囲気でバウハウス園芸部は活動しております。植木が好きで体力自慢の方、ご一緒にいかがですか?