車3台収容!電動オーバーヘッドシャッターを採用した高品質木造ガレージハウスを詳しく紹介します

少し前のブログにも載せましたがガレージハウスのネタを今一度…

先日、ガレージ専門誌の掲載写真を撮るカメラマンに依頼し、撮影を行ってきました。素敵な写真をいただいたので、私のチンケな写真じゃお伝えできなかった高気密高断熱にこだわった、高品質木造ガレージハウスの詳細をご紹介します。

密度の高い市街化が進んだ住宅街に、そのガレージハウスはあります。アメリカンフェンスが視界を遮ることなく敷地の境界を囲みます。シンプルな外観に奇抜さはありませんが、道ゆく人の視線を引く凛とした佇まいです。

一階は大判タイル張り床のガレージスペースを中心とした構成、2階はLDKになっています。大断面集成材により、木造の広い無柱空間を実現しています。ガレージシャッターは電動オーバーヘッド方式とし、開閉のストレスがない快適な使い心地となるように配慮しました。

1階と2階をつなぐ吹抜け。線の細いアイアン階段(踏板はこだわりの木製)が軽やかに上下の空間をつなぎます。1階の奥に見える白い窓は外部空間ではなく、サニタリールームの灯りです。

そのサニタリールームにはガレージの床タイルが続き一体感を演出しています。壁は大判の白色タイル仕上げ、建具はステンレスの鏡面仕上げ枠を特注し、品の良い高級感を醸し出す空間としています。入り口のガラス引戸には白色フィルムを施工し、視線を遮りながら光を取り入れる配慮をしています。

シャワー水栓はハンスグローエというメーカーを採用しました。オーバーヘッドとハンドシャワーが利用できます。機能とともにデザイン性も重視しました。

薪ストーブはコンツーラC850です。小ぶりな鋳物ストーブの存在がサロンスペースの居住空間としての性質をより強調させます。主張を抑えたデザインのR加工した鉄製遮熱板は、C850の存在感をより引き立たせます。

2階の大空間LDKです。生活感のない空間というご要望があり、シンプルな架構と仕上げを心がけました。キッチンセットはトーヨーキッチンのBAY I-LANDというオールステンレスのセットで、この無機質な存在が空間の良いアクセントとなります。

2階のキッチン用配管はガレージスペースの天井付近にまとめておりてきます。通りよくラッキング(配管カバー)をすることで、無骨なガレージのイメージを保ちながら乱雑さや日常感を排除することができます。

こうして木造の温かみと機械的な無骨さが共存する、あまり例を見ないショールームのようなガレージハウスが完成しました。

住宅以外も、実はこだわってつくっているバウハウス。

引き続きご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です