バウハウスが2年連続地域最優秀賞をいただきました!

唐突ですが発表します。

“いい住まい、いい暮らし”の実現を競う業界最大級の住宅施工例コンテスト「リクシルメンバーズコンテスト2017」にて、2年連続となる“地域最優秀賞(千葉県で1番!)”を授賞いたしました。http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2018/070_company_0216_02.html

何と言ってもお施主様、おめでとうございます。そして私どもに仕事をさせていただきありがとうございました。これからも末長くどうぞよろしくお願いいたします。

左から4人目、弊社天野が壇上におります
私1B、この厳かな雰囲気に完全に呑まれました

このコンテストは例年、審査員に建築家、造園家、建築雑誌編集者を招いて行われていましたが、今年から大学准教授が加わりました。この方が加入され、コンテストの質がグンと上がったと感じます。

上から建築家伊礼智さん、造園家古橋宣昌さん、エクスナレッジ木藤阿由子さん、東大准教授前真之さん

というのもこの東大の前先生は環境性能を重点に審査され、建物の断熱、気密、パッシブデザインの重要性について熱く語っておられました。ここを蔑ろにするデザイン重視のコンテストが巷に溢れる中、住まい心地に直結する建物性能の専門家を招いたリクシルさん、さすがです。まだまだ断熱性能に対する理解の足りない工務店が多いことを嘆いておりましたが、われわれは安心して聞いていられました。

懇親会にてリクシルのCEOとパチリ。天野さん、顔赤くないですか?

2020年の断熱性能基準化は、間違いなく日本の住宅の質を変えていきます(ちなみにバウハウスはすでに基準値を超えたスペックを持っていますが)。

弊社もエアコン1台で全館冷暖房の高性能住宅の老舗工務店として、日本に良い住宅を増やしてまいります。

そしてそんな我々にリクシルさん、来年は大賞ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です