家づくりに欠かせない単位「尺貫法(しゃっかんほう)」

うぅ~、、今日は寒いです。嫌ですねぇ、、寒いの。

そういえば、皆さんの生活する上で馴染みのある単位に「メートル法」がありますよね。建物を造る上でもこの「メートル法」が一般的ですが、その裏には「尺貫法(しゃっかんほう)」が潜んでいるのをご存知ですか?

中国が起源の単位ですが尺貫法という名称は日本独自のものです。1尺とは約303㎜になり、これより小さな単位に「寸(約30.3㎜)」「分(約3㎜)」「厘(約0.3㎜)」があります。現場の職人さんと話す際には覚えておく必要があります。

ホームセンター等でメジャー売り場に行くと、写真の様に目盛りが2種類ある商品を見かけると思います。これは上段が「尺貫法」下段が「メートル法」になっていますので、「尺貫法」が分からない場合はメジャーを見ながら話すと良いでしょう。

この他建材関係も「3」で割り切れる寸法で売られている事が多いのは「尺貫法」の名残です。設計する時は「3」を意識すると経済的です。

少し見辛いですが、この方眼紙(少し高価です)は間取りを描く為に作られたもので、間取りを考える時には大変重宝します。

普通の方眼紙は「10㎜角」ですがこれは「9.1㎜角」になっています。木造のグリッドは尺貫法で3尺=909㎜ですので、現在では分かり易く909㎜→910㎜としている事が多い為、実際の1/100縮尺の9.1㎜角となります。この方眼紙、なんと!壁のラインまで描かれている優れものです。

このひとマスが半帖、2マスで1帖になります。更に4マスで2帖(1坪)です。「尺・・帖?坪??」とそろそろ頭が混乱してきたところで今回は終わります。

次回より簡単な間取りの作り方をご紹介していきたいと思っておりますので、引き続きBAUBLOを宜しくお願い申し上げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です