サツマイモの様子を見てきました!

こんにちは。バウハウスの天野です。
毎日暑い日が続きますね。
こう暑いと5月に植えた芋苗が心配です。去年は雨が多く、芋堀大会自体も中止に・・・。
せっかくだから今年は大きな芋を掘ってもらいたいな。と思っていたところ
根本農園の根本さんから
「ブルーベリーが摘み頃だよ~」
とご連絡を頂いたので、スタッフMと子供たちも一緒に摘みに行ってきました。
暑くなる前に摘もうということで午前中にお邪魔してたくさんのブルーベリーを摘み
冷やしてくれていたブルーベリーを食し、トマトやネギ、カボチャ、ナスなどたくさんの野菜も頂きました。
201807ブルーベリー

お芋の状態はどうかな?
「茎が太くていい感じ!大きいのができそうだよー!」
と根本さん。
とりあえず一安心!このまま健やかに生長して美味しいお芋になるんだよ~
201807いもばたけ

最後に赤しそをたくさんいただき、紫蘇ジュースの作り方を教わったので早速作ってみました。
お砂糖を多めにすると長期保存に向いていると聞き、少し甘い紫蘇ジュースにしました。
酸味がもう少し欲しいともいわれたのでもう少しお酢を足しても良いかも。
紫蘇ジュースは夏バテにも効果的で美肌効果もあるそうです!
最近、息子に「ママ、シミ取り行ってきなよ~」と某美容外科のCMが流れるたびに言われている私としては一石二鳥!
本当に効果があるのか・・・期待したいところです。
こんなことを書くと次回お会いした時にじぃーっと顔を見られるかもしれないのですが、年頃なので触れないようにお願いします(笑)。

その他にも
糖尿病を予防して便秘の改善に役立ったり、更年期障害にも効果が期待できるそうです。
紫蘇の香りがリラックスさせてくれるのはもちろん、紫蘇に含まれる成分が色々と関係しているようですね。
詳しくはこちらのブログを参考にしましたのでご覧ください。

お年頃の私にはとっても良い紫蘇ジュース。作り方も簡単なので皆さんにもおすすめです!
201807紫蘇ジュース

お風呂スタイル

こんにちは。バウハウスの天野です。
前回は石岡A様邸の住まいの様子をご紹介させていただきました。
北欧では徐々にサウナが一般化しているという内容でお客様からもどんな感じなの?
ちょっと興味があるなんて声も聞くことができ、ブログを読んでくださっていることがわかり、
うれしいような恥ずかしいような・・・(笑)。
さてさて、お風呂繋がりでご紹介したいのが、「マイクロバブル」CMでもおなじみになってきたバブルのお風呂~♪です。
マイクロバブルを取り扱っているメーカーも色々ありますね。
三菱やダイキンは皆さんもご存じなのでは?我が家もマイクロバブルを取り付けています。
泡がきめ細かく、入浴の際にスイッチ一つでお湯が白濁してきます。お湯につかるだけで汚れをうかしてくれるというのですが、
実体験としては肌がすべすべになり、湯上りもお湯にまとわれているような潤いを感じます。
 バウハウスのお客様の中にも何件か取り付けている方がいらっしゃいます。
「もともとペットショップで皮膚病などに有効という話をきいていたので、お肌がきれいになるだろうと予想していました。
実際に使ってみて肌のしっとり感が違うし、メンテナンスも楽々なので取り付けて良かった!」
と。おすすめですよ~と話したものが受け入れられ、喜んでもらえるのは嬉しいですね。
 皆さんも興味がございましたらお問い合わせください。
我が家で取り付けているのは「サイエンス」というメーカーのものです。パンフレットもございますのでお気軽にお声掛け下さい。

 サイエンス「マイクロバブル」

北欧式の暮らし方?シャワー暮らし

こんにちは。バウハウスの天野です。

先日は住み始めてからのお客様のおうちへ撮影をさせていただきにお邪魔してきました。

まずは、ご夫婦+お子さん(成人)+お母さんの三世代が暮らすお住まいへ。

_K602305

バイク好きなご主人ご希望のバイクガレージや、車いすを利用されるお母さんのためにスロープを設けました。
トリプルサッシを使用し、太陽光発電搭載のA様邸。
ZEH申請も通った住まいです。

*バウハウスの住まいはもともと「高気密・高断熱」エアコン一台で全館空調ができるので太陽光を搭載するだけでZEHの住まいが出来上がります。

家造りのきっかけは、「とにかく家が寒い!」寒くて暖房をつけても家が暖まらない。暖房費がかかる。といった寒さからの問題点を解決したく家づくりをご検討されたそうです。
高齢のお母さまが毎日家にいるのに、寒い家ではかわいそう、体に負担がかかっているなと感じていたAさん。

バウハウスで家を建てた家に住む甥っ子さんもいらっしゃったこともあり、まずはお一人で貝塚のモデルへご来場。
今にも雪が降りそうな日でも貝塚の家は暖かく、家のどこへ行っても温度差がないことに感動し、後日奥様を連れて再来場。

冷え性で厚手の靴下が手放せないと話していた奥様も驚きの暖かさに、バウハウスで建てることを決めてくださいました。

お引渡しが1月の中旬となり寒さも真っただ中。
当初は家の暖め方に苦戦されたようですが、単純に躯体を暖めてしまえばあとは緩やかにエアコンを起動させておけば良いとご理解いただき、快適に暮らせるようになったそうです。

*バウハウスの家は魔法瓶のような家なので、一度暖めておくと保温性が続きますが、冷え切ってしまうと冷えた状態を保ってしまうため快適な温度を保つためエアコンは点けっぱなしで過ごします。

そして、このおうちはお風呂がありません!もともとシャワーで済ませてしまうことが多く、浴槽に浸かりたくなったら近くのお風呂屋さんへ・・
また、お湯につかると体への負担もかかるという話を聞いて、「北欧式スチームサウナ生活」をおすすめいたしました。
お風呂に入らないと体が暖まらないのでは?と思ったそうですが、家が暖かいからその心配はないですよ。という話を信じて、思い切ってサウナを採用!
*バウハウスの住まいでサウナを利用された方は過去にもいらっしゃいます。大好評です!

引っ越した当初はお風呂がないことに不満を漏らしていたお嬢さん(20代)も今ではすっかりサウナに魅了され、20分くらいはいっているそうで誰よりも長いと喜んでおられました。
スチーム式サウナなので体への負担もかからず、髪の毛や肌へのダメージもありません。
10分も入っていると汗が噴き出して、部屋に戻ってからも暑くて外に出たくなるほど体も暖まるそうです。

_K602414

健康センターやお風呂屋さんにあるサウナはむわっとして苦手なのですが、このサウナは息苦しさもないとか・・・。これは気になります!
北欧では3人に1人がサウナを所有しています。日本もそのうちサウナが当たり前になるかもしれませんね。

長くなってしまったので今回はここまで。
次回更新をお楽しみに!

心満足植栽工事

こんにちは。バウハウスの天野です。

5月も終わりに近づいてきましたね。
日差しのきつい日が増えてきました。
今年も暑くなるのでしょうか。

昨日はお施主様宅にスタッフ4人で伺い植栽工事をしてきました。

バウハウスでは建物と庭とのバランスにも重点をおき、快適であり、格好いい家であることをコンセプトに
お客様に豊かな暮らしを提案しています。

最近では庭の手入れが面倒だから・・・とあまり喜ばれない庭づくりですが
お庭があると暮らしに一層の磨きがかかります。

昨日はそんなお手伝いをしに行ってまいりました。

植栽工事前

まずは雑草を取る作業から。

雑草

あらかたお施主様が抜いていてくれたので頑張ることができました。

使用前高橋

「使用前後の写真を撮らなきゃ!」とスタッフTさん。
私も便乗して撮影・・・

DSC01012

DSC01013

もくもくと植え続けます。

事前にお施主様と打ち合わせをするのですが、念のため穴を掘る位置など確認をとってから作業にとりかかります。

DSC01020DSC01017
DSC01014DSC01021

Tさん夢中で植えているのでカメラを拝借して勝手に撮影。
どの方向から見たら綺麗に見えるか、日が差す方向は・・・など考えて施工します。

ヒメイワダレソウユーカリダモ

DSC01029

私は大きい木を植えることができないので地ならしや「ヒメイワダレソウ」という地面に這わす植物を植えていきました。
スタッフT竣工写真T

スタッフTさん、竣工後様子を撮影。私はそんなTさんを撮影。

こんな具合に和気あいあいと植栽工事をすすめています。
お昼はお施主様がご用意してくださったおにぎりを目の前の田んぼや山、緑をみながらほおばりました。
空気も時間もとってもおいしい!楽しい!
心の栄養も摂れました。Eさんありがとうございました♡

インスタグラムにも掲載しています。
Eさんからもうれしいコメントをいただきました!
ありがとうございます(^^)

インスタグラム 

バウハウスの住まいで助かること

こんにちは。バウハウスの天野です。
連休はみなさんどのように過ごしましたか?

私は子供たちのスポーツのサポートをしてあっという間に終了してしまい、普段となんら変わりのない休日を過ごしました。
息子は初めての野球合宿。息子と入れ替わりで娘の2泊3日の遠征@宮城&福島・・・。
遠征からの帰宅は6日午後9時半。
それから洗濯機をまわして、部屋を一掃するのですが、バウハウスの家でよかった。としみじみ思いました。

ここ最近の大雨!
これからの季節、「洗濯物が乾かない」「家の中がかび臭い」「じめじめしている」などストレスが増えます。
家事が滞ると1日の計算がくるってしまい、ワーキングマザーにとっては悩みの種!でも、それがありません。
疲れたな~洗濯物を干すのが面倒くさいなぁと思うのはありますが、翌日には乾いているのでこれは本当に助かります!

子供たちの通う小学校では5月に運動会を行いますので連休明けになると運動会練習も始まり、毎日体操服や着替えを持っていきます。
夜干せば朝起きるころには大抵乾いているので気が楽です。

我が家はクローゼットに洗濯物を干すので、ごちゃごちゃした雰囲気にもなりません。
部屋が散らかっていると天気が悪い日はそれだけでどんより気分ですが、すっきり見えるので家事もしやすいですね。
最近ではたたまない、干す収納を利用する方も多いですね。
これから子供たちも大きくなり、タンスもサイズチェンジかなと思いましたが、なにか良い方法がないか検討中です。
洋服屋さんみたいにおしゃれに収納ができたらいいなぁと思う日々です。

沖縄も梅雨入りしたようです。
じめじめ、ベタベタがないバウハウスの住まい。本当におすすめです!

この季節に住まいを体感していただけると快適さがわかると思うので是非、ご見学ください。
お問い合わせ、見学予約は
バウハウス野田 ℡ 04-7127-8200 メール info@bauhouse.co.jp 担当 天野
お気軽にお問合せください!

19-11 子供スペース

ZEHとバウハウス②

こんにちは。バウハウスの天野です。
以前にも話したことのあるZEHについて今回は少し補足で。
前回の日記はこちら⇒ZEHとバウハウス

ZEHの登録工務店として普及活動と共に目標値を掲げ、報告しなければなりません。
今は、ZEHってなに?という人も多いかと思いますが、私たちが生活する中で出ていく年間の一次消費エネルギー(エアコンや給湯、照明、換気などで使う電気代)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅をさします。

ZEH2018
ZEHの認定を受ける建物は基準値をクリアして、独立行政法人 環境イニシアチブ(SII)の審査に合格しなければなりません。
地域によって基準がかわるのはもちろん、申請をしても競合がいれば数値の良いところが認定を受けるので、少し厳しいところも出てきます。

今後、セミナーなどのイベントを催し、ZEHについてもう少し詳しくお話できる場を設けてまいりますので皆さんご参加ください。
その他、ご不明な点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

帰る場所があること

こんにちは。バウハウスの天野です。
3月。卒業シーズンですね。

子供たちもそれぞれお別れがあり、ちょっぴりセンチメンタルになっています。
野球やバドミントン、学童でもいろんな道へ進む人たちを見送る立場にいます。

見送りの言葉では言葉にならない思いが強く伝えられなくてただ「ありがとう」と口にするのが精いっぱいな子供をみていて
一生懸命送り出そうと頑張っているんだなとその姿に心が打たれました。
コーチの言葉で
『「いつでも帰っておいでね」って言葉にするけど、帰ってこれる場所を守らないといけない。』
本当にそうだなと思いました。
卒業させたから終わりではないですね。
それって私たちの仕事も同じだなと改めて感じました。

「建てて終わりではなく、建てた後も相談しやすい場所であること。」
そのためにもこの場所を守り続け、相談しやすい場所の提供をしていかなければ。

今、バウハウスがあるのも皆さんのおかげです。
これからのバウハウスを作るのも私たちと皆さんの力があってこそだなと思いました。
昨年からOBさんも楽しめるイベントを企画してきました。
是非、ご参加くださいね。また、こんなイベントがあったら参加するんだけどな!というものも
ございましたらお知らせください。
一緒にバウハウスを盛り上げていきましょう!

DIYちらし

4月1日
DIY講習を開催いたします。
参加申し込みは3月28日(水)です。是非、ご参加ください。

春の訪れ

こんにちは。バウハウスの天野です。
気が付けば2月も終わりですね。立春もとうに迎えたのにまだまだ寒い日が続きます!
そしてさらに「花粉」が・・・。

ここ何日か「目のかゆみ」「くしゃみ」「鼻のむずむず」「のどのかゆみ」など
諸症状が出始めていましたが、昨日からひどい!
でも病院へ行く暇がない!
ので、少し残っていた昨年の薬を服用しました。
それでも鼻づまりが・・・。

春は好きな季節ですが、花粉症はつらいですね。
年々ひどくなっているような毎年こんなもんだったのかすら忘れてしまうのですが
24時間換気フィルターを交換しようと思いました。

花粉用の目の細かいフィルターもございますので遠慮なくお声かけください。
普通のフィルターより少しお値段はりますが。

これから寒暖の差が激しい日が続くと思いますので皆さん、お体にお気をつけてお過ごしくださいね。
IMG_1084

内容とは関係ないのですが、今回もLIXILメンバーズコンテストにおいて「地域最優秀賞」を受賞することができました!
インスタグラム用に・・・と写真を撮ってくださった担当者の方。楽しかったです!ありがとうございました!

バウハウスでもインスタグラムの更新をしています!コメントもお気軽に。
私、天野がたくさん絡んじゃいます!フォローしてくださいね!

この暖かさ、体感してください。

こんにちは。バウハウスの天野です。
今週も雪が降るとか降らないとか・・・。
寒い日が続きますね。
事務所の薪ストーブも社長が出勤すると焚いてくれるので
体の芯からじんわりあたたまり居心地が良いです。
薪ストーブのある会社
ただ、2階にいる賢太郎は暑くて大汗をかいているので2階は窓を開けて過ごしていることが多いです。

先日の雪降る日は貝塚のガレージがまた撮影に使われたので同行しておりました。
朝日が出てくるところを撮りたいという監督さんの思いもあり早朝からの撮影・・・でしたが
天気予報ではすでに昼から雪となっており、日程も2日ほど前倒しにした状況でした。
陽がでてくる様子もなく、台本も変えたようでした。
現場の方々から漏れる白い息が厳しさを物語っていました。

雪の庭

そんな中、撮影の邪魔にならないようにと薪ストーブが焚かれた室内で外の様子を伺いスタッフさんとお話。
「以前、の●ごし生の撮影の時にもここに来たんですよ~」と・・・。
「外は寒いのに家の中は居心地の良い暖かさですね~!」と。
前回は春に撮影でしたので建物の性能を体感するまでもなく過ごしやすかったですからね。

そんなこんなで家づくりの話になって
「光熱費が安いのにこんなに暖かい家が建てられるって知らなかったです」と
今住んでいる賃貸の戸建て住宅では光熱費が7万円ほどかかっているとのこと!!
7万円?そちらの値段にとってもびっくり!どんな広い家に住んでいるのか、逆に気になります。
それでも床は冷たく、顔だけが暑い。息苦しい・・・と。

またご主人や家族を連れて来るとお話されていましたが、寒い時期に体感するからこそこの家の性能の良さがわかることを
改めて感じました。

我が家の子供たちも家では半そでで過ごしています。
そう話すと「北海道か!」と突っ込みをもらうのですが、それくらい本当にあったかい我が家。
なので自然と人が集まります。
先日も「雪降ってる?この家にいると寒さがわからないんだよ~」と一緒に食事をしていた友人が
誰かと電話で話していました。
そして窓を開けて、「本当だ。少しちらついてるね~。急いで帰らないといけないけど、寒い家に帰りたくない・・・」と。
寒い家に帰りたくない・・・・朝起きるのが辛い・・・
この家に住む前は同じようなことを思っていましたが「暖かい家」が当たり前になってしまった今、
初心に返ってこの家の暖かさに感謝です。
暖かさすぎて寝坊してしまうのですが、それは自分との戦いですね。はい。

「暖かい家ですよ。」といっても皆さんが想像する暖かさとでは違うかもしれません。
その違いを是非、体感しにいらしてくださいね。
2月3日(土)4日(日)構造見学会&あったか体感会開催です!
ご来場お待ちしております。

ZEHとバウハウス

こんにちは。バウハウスの天野です。

今年もよろしくお願いします。
先日、茨城県石岡市にて見学会を開催しました。
皆さん、ZEH(ゼロエネルギーハウス)ってご存知ですか?
簡単にいうと家庭内で使う光熱費をプラスマイナスゼロにしようという考えの住宅です。
ではどうしたらこの家が建つのか。
仕組みはとても簡単で、太陽光発電で作られたエネルギーを家庭内で使うエネルギーに充てようというもので
バウハウスの住まいに太陽光パネルを載せると基準値をクリアするという極めて単純な仕様です。

このZEHの住まいを造るにも登録工務店でなければ造ることができません。
簡単に「バウハウスではできますよ~」といっても他社の場合はなかなか難しいのが現状です。
なぜなら、他社が今までの住まいと同じように建てていてはZEHの基準をクリアしないからです。
バウハウスの建物の標準仕様は皆さんご存知のように「エアコン一台で全館冷暖房」をコンセプトにした
高気密・高断熱の高性能住宅です。
C値といわれる気密値(家じゅうの隙間の数値)も名刺1枚分の大きさ程しかなくとても少ないです。
また、UA値といわれる建物の保温、保冷性も北海道や東北地方の基準値並の数値ですから
夏涼しく、冬暖かい住まいが実現できます。
丁寧な施工と、断熱性能の大切さを訴え続け「健康で快適な暮らしを送ろう」と考えた創業者三品の思いがやっと周知されてきたと言っても過言ではないでしょう。

バウハウスを創業し始めに完成内覧会を開催した時も「なんでみんなこういう家を造らないの?」と質問されたことがありました。
なぜでしょう?こういう家が造れる、こういう家があるということを知らないからです。
デザインや間取りは目でみてわかりますが、断熱、気密性能は体感してみないとわかりません。
今回の石岡の住まいのお施主様も 間仕切りも無く、吹抜け大空間の間取りを見せられた際に「こんな家で本当に寒くないの?」と
衝撃をうけたそうです。まだまだ受け入れられなかった。と話す奥様の気が変わったのは実際に貝塚モデルを体験した時に
「本当に寒くない」と感じたことがきっかけだったそうです。

寒さこそストレスの元。
皆さん、快適に過ごしたいと考えている方がいたら寒くない、暖かい家をおすすめしてください。
寒かったら暖房をつければよいと考えるかもしれませんが、家の中の温度差は家庭内の事故を起こすヒートショックの原因になります。
快適に健康に暮らしたと考えたら、「家全体を暖める」ことを考えてみてください。
「家のどこにいても寒くない」トイレにもお風呂にも戸惑うことなく移動できます!着替えも楽々。

ちなみにZEHは国からの補助金がでます!