この暖かさ、体感してください。

こんにちは。バウハウスの天野です。
今週も雪が降るとか降らないとか・・・。
寒い日が続きますね。
事務所の薪ストーブも社長が出勤すると焚いてくれるので
体の芯からじんわりあたたまり居心地が良いです。
薪ストーブのある会社
ただ、2階にいる賢太郎は暑くて大汗をかいているので2階は窓を開けて過ごしていることが多いです。

先日の雪降る日は貝塚のガレージがまた撮影に使われたので同行しておりました。
朝日が出てくるところを撮りたいという監督さんの思いもあり早朝からの撮影・・・でしたが
天気予報ではすでに昼から雪となっており、日程も2日ほど前倒しにした状況でした。
陽がでてくる様子もなく、台本も変えたようでした。
現場の方々から漏れる白い息が厳しさを物語っていました。

雪の庭

そんな中、撮影の邪魔にならないようにと薪ストーブが焚かれた室内で外の様子を伺いスタッフさんとお話。
「以前、の●ごし生の撮影の時にもここに来たんですよ~」と・・・。
「外は寒いのに家の中は居心地の良い暖かさですね~!」と。
前回は春に撮影でしたので建物の性能を体感するまでもなく過ごしやすかったですからね。

そんなこんなで家づくりの話になって
「光熱費が安いのにこんなに暖かい家が建てられるって知らなかったです」と
今住んでいる賃貸の戸建て住宅では光熱費が7万円ほどかかっているとのこと!!
7万円?そちらの値段にとってもびっくり!どんな広い家に住んでいるのか、逆に気になります。
それでも床は冷たく、顔だけが暑い。息苦しい・・・と。

またご主人や家族を連れて来るとお話されていましたが、寒い時期に体感するからこそこの家の性能の良さがわかることを
改めて感じました。

我が家の子供たちも家では半そでで過ごしています。
そう話すと「北海道か!」と突っ込みをもらうのですが、それくらい本当にあったかい我が家。
なので自然と人が集まります。
先日も「雪降ってる?この家にいると寒さがわからないんだよ~」と一緒に食事をしていた友人が
誰かと電話で話していました。
そして窓を開けて、「本当だ。少しちらついてるね~。急いで帰らないといけないけど、寒い家に帰りたくない・・・」と。
寒い家に帰りたくない・・・・朝起きるのが辛い・・・
この家に住む前は同じようなことを思っていましたが「暖かい家」が当たり前になってしまった今、
初心に返ってこの家の暖かさに感謝です。
暖かさすぎて寝坊してしまうのですが、それは自分との戦いですね。はい。

「暖かい家ですよ。」といっても皆さんが想像する暖かさとでは違うかもしれません。
その違いを是非、体感しにいらしてくださいね。
2月3日(土)4日(日)構造見学会&あったか体感会開催です!
ご来場お待ちしております。

ZEHとバウハウス

こんにちは。バウハウスの天野です。

今年もよろしくお願いします。
先日、茨城県石岡市にて見学会を開催しました。
皆さん、ZEH(ゼロエネルギーハウス)ってご存知ですか?
簡単にいうと家庭内で使う光熱費をプラスマイナスゼロにしようという考えの住宅です。
ではどうしたらこの家が建つのか。
仕組みはとても簡単で、太陽光発電で作られたエネルギーを家庭内で使うエネルギーに充てようというもので
バウハウスの住まいに太陽光パネルを載せると基準値をクリアするという極めて単純な仕様です。

このZEHの住まいを造るにも登録工務店でなければ造ることができません。
簡単に「バウハウスではできますよ~」といっても他社の場合はなかなか難しいのが現状です。
なぜなら、他社が今までの住まいと同じように建てていてはZEHの基準をクリアしないからです。
バウハウスの建物の標準仕様は皆さんご存知のように「エアコン一台で全館冷暖房」をコンセプトにした
高気密・高断熱の高性能住宅です。
C値といわれる気密値(家じゅうの隙間の数値)も名刺1枚分の大きさ程しかなくとても少ないです。
また、UA値といわれる建物の保温、保冷性も北海道や東北地方の基準値並の数値ですから
夏涼しく、冬暖かい住まいが実現できます。
丁寧な施工と、断熱性能の大切さを訴え続け「健康で快適な暮らしを送ろう」と考えた創業者三品の思いがやっと周知されてきたと言っても過言ではないでしょう。

バウハウスを創業し始めに完成内覧会を開催した時も「なんでみんなこういう家を造らないの?」と質問されたことがありました。
なぜでしょう?こういう家が造れる、こういう家があるということを知らないからです。
デザインや間取りは目でみてわかりますが、断熱、気密性能は体感してみないとわかりません。
今回の石岡の住まいのお施主様も 間仕切りも無く、吹抜け大空間の間取りを見せられた際に「こんな家で本当に寒くないの?」と
衝撃をうけたそうです。まだまだ受け入れられなかった。と話す奥様の気が変わったのは実際に貝塚モデルを体験した時に
「本当に寒くない」と感じたことがきっかけだったそうです。

寒さこそストレスの元。
皆さん、快適に過ごしたいと考えている方がいたら寒くない、暖かい家をおすすめしてください。
寒かったら暖房をつければよいと考えるかもしれませんが、家の中の温度差は家庭内の事故を起こすヒートショックの原因になります。
快適に健康に暮らしたと考えたら、「家全体を暖める」ことを考えてみてください。
「家のどこにいても寒くない」トイレにもお風呂にも戸惑うことなく移動できます!着替えも楽々。

ちなみにZEHは国からの補助金がでます!

年末年始休業とイベントのお知らせ

こんにちは。バウハウスの天野です。
すっかり年の瀬ですね。
バウハウスでは12月30日から1月4日までを年末年始休業とさせていただきます。

1月7日には餅つき大会を開催いたしますので
奮ってご参加ください!

そして、個人的に楽しみにしているイベントが1月28日に開催の「燻製器づくり」!!!!
燻製を作るイベントはあるだろうけど、燻製器を作っちゃうイベントはそうそうないはずです!
それが、今回は作ってその日に使えるよう熱源もついてくる!
参加費は材料費と保険料込みで5000円です。
一人でもくもくと作るのも楽しいですが、みんなで不思議なワールドを作るのも楽しいですよ♪
夏休みはお子さんの為の木工教室。冬は大人の為の、家族の為の木工教室!なんていかがでしょうか?

おいしいベーコンの作り方、ビーフジャーキーの作り方も社長が教えます!

初心者には簡単にできる燻製チーズをおすすめ!
燻製器にいれるだけでテンションがあがっちゃう!
庭先でできちゃうからアウトドアライフがますます楽しめちゃいます(^^)/

暮らしを楽しむアイテム作り!
ご参加お待ちしております!

材料の準備の関係により予約制となっております。
10組まで材料をご用意しておりますのでお早目の申し込みをお願いします。

1月22日までにお申し込みください。
申し込み先→04-7127-8200 または kiwa@bauhouse.co.jp

ご質問等もお気軽に!

DSC_0721

燻製器作りませんか?

こんにちは。バウハウスの天野です。
すっかり12月になってしまいましたね。
11月はセミナーやイベントが多かったのですが、興味のあるイベントはありませんでしたか?
今月も開催した「夜の見学会」では、
冷え込みが増してきた11月に夜でも暖かい家、落ち着いた雰囲気を楽しんでもらうことを目的に開催しました。
11月には「焼きリンゴ」を薪ストーブで。12月には社長手作り燻製祭り♪を開催しました。
どちらも大好評でOBさんとゆっくり話すことができました。
ご検討いただいている方にもお越しいただき、その暖かさ、ついくつろいでしまう・・・など
夜の雰囲気も味わっていただけました。

また、燻製も評判がよく、燻製器を作って燻製を作ろう!という企画も持ち上がりました!
作ってみたい!という方、ぜひ、お声かけください。
人数が集まれば開催します♪
参加費5000円(保険料+材料費込み)

開催時期としては1月下旬か、2月頭を予定しています。
みなさんのご意見おまちしております!!
DSC_0721

自然のちから

こんにちは!バウハウスの天野です!
久々に台風らしい台風の威力に少しだけびっくりしています。
こんなに風が強く、こんなに雨が激しい・・・。

間もなく通過しそうですが、昨夜は怖くて眠れませんでした。
なんて言ったら「よぉーく寝てたよ!ぐっすり!」と主人に言われてしまいそうですが
まぁ、そこは少しかわいさアピールということで目をつむってもらいましょう。

さて、このお天気で初めて中止された芋掘り大会・・・。
今までお芋が発育不良で開催できなかったことは1度だけありましたが
天候が悪くて中止というのは初めての出来事でした。
毎年お天気に恵まれていたのですが残念です。参加希望をいただいていたお施主様たちも
楽しみにしていただいていたようで・・・本当にすみません。
このお芋は今週の木曜日にスタッフで掘り起こしてきます!
イベントでもふるまう予定ですのでじゃんじゃん参加してくださいね!

サツマイモパーティーとか?
こんなイベントあったら参加したいなというご意見もお待ちしておりますので
遠慮なく教えてくださいね(^^♪

インスタグラムも更新しています。
覗いてみてくださいね~
oimo

ここまでお芋も大きくなりました!
皆さんに掘っていただきたかったな~

1週間ずらして寝かしておいたので土の栄養をたっぷり吸ってくれたようですね。

台風にしても、さつまいもにしてみても自然のちからに驚かされます!

良質な空気と睡眠

こんにちは。バウハウスの天野です。
10月に入ったというのに各地で真夏日が更新されていますね!
夏の疲れが出てきたところにまた暑さがでてきたので体調を崩している方も
多くいらっしゃるだろうなと少し心配です。

睡眠時間はなかなかとれなくても30分でも深い眠りにつけると体が楽になりますね。
良質な睡眠は良質な空気から。
バウハウスの住まいは24時間換気機能がしっかり働くよう気密性能を高めているので
外気の空気をフィルターでこして室内に取り入れ、汚れた空気を集めて排出するよう
空気の流れも設計しています。
2時間に1回、家じゅうの空気が入れ替わる仕組みとなっています。
今、24時間換気は法律で決められどこのハウスメーカーでも器具をつけていますが
果たしてそれがきちんと機能しているのか・・・それを見極めるにはご自身で確かめることが必要です。
トイレがトイレ臭い。空気がこもっている・・・など感じることはありませんか?
展示場へ行き、クローゼットの空気に違和感を感じたりしませんか?
それは換気が働いていないのと同じです。
空気の入れ替えは窓を開けて行いますが、きちんと空気の通り道ができていれば窓を開けて換気する必要はなくなります。

バウハウスの家では自然素材を使っていることもありますが、森林浴を味わっているような清々しさや、空気の質が違うと
よくお客様から言われます。
実際に、私の友達の子供は「アトピーで夜も寝苦しそうなのに、この家にくるとよく寝てる。」と自分の家との違いに空気がきれいだからと分析してくれました。
目と鼻の先にあるその子の家は我が家で築年数も変わらず、むしろ我が家よりも新しい家です。
新しい家だからといって空気がきれいだとは限りませんし、健康で快適に暮らせるとも限りません。

「家がほしい」という理由だけで家を建てるのではなく、「なぜ、家がほしいのか」じっくり考え「どんな家がほしいのか」考えると
「後悔しない家造り」ができるのではないかと思います。

目に見えるものだけが正しいのではなく、目に見えないところだからこそ気を付けなければいけないことがたくさんあります。

住む人と過ごす人、みんなが気持ちよく暮らせますように。

小屋裏を利用した寝室
小屋裏を利用した寝室

ご紹介

こんにちは。バウハウスの天野です。
気が付けば9月も終わりの週に入りましたね。
なかなか更新ができずすみません。

さて、お気づきの方もいらっしゃると思いますがバウハウス営業課メンズによるブログも
絶賛公開中です。

blog_03
アクセス数が増えることはもちろん、話題に上るとうれしいような恥ずかしいような・・・。
やる気もでてくることと思います。

読んでくださっている方、スタッフにあたたかいお言葉をお願いします!
コメントがあるとさらにやる気が出るようです!
お気軽に絡んでくださいね(^^♪

さて、前回、自邸で見学会を開催しました。
その様子はイベントページの「OB宅見学会」内にてレポートとして報告済みなのですが
このタイトルを決めるときに毎回悩みます。

スタッフの家?でも名義は主人だし・・・ということで落ち着くのはOB表記。
OB施主訪問とスタッフの家見学・・・どちらのほうがアクションしやすいですか?
たくさんの方にご来場いただきたいので皆さんのご意見をお待ちしております。
また、このようなOB見学会にご協力いただけるOBさんも募集しております。
2日は無理だけど1日ぐらいなら・・・お客さんのご案内ならOKという方もお声かけいただけると大変ありがたいです。

ご質問、お問い合わせはお気軽に天野まで。
メール kiwa@bauhouse.co.jp
でんわ 04-7127-8200

お気軽にお待ちしております!

ご来場ありがとうございました。

こんにちは。バウハウスの天野です。

先日開催した印西小倉の住まい完成見学会にはたくさんの方にご来場いただきまして
ありがとうございました。

OBの方にもお越しいただくことができ、12,3年経過した住まいのNさんもご来場いただきました。
「お久しぶりです~!」なんて少し昔話をしてみたり・・・。
年に1回開催の芋ほり大会もお子様が大きくなるとなかなか参加できないようで
変わらないご夫婦の様子に少しうれしく思いました。
Nさん、今回はメンテナンスのご相談にいらっしゃってくれました。

お庭もできますか?と質問をいただき貝塚の住まいの植栽は代表自らが指揮をとり
「森を造って暮らす」をテーマにした住まいであることを説明させていただきました。

住む人が成長すると暮らし方も変わる・・・その通りで庭もそのたびに変わっていくんだなと思いました。
20年、30年、50年経っても住み続けてもらいたい。
そんな思いで家造りをしています。

シンプルな間取りで住みながら手を加えていく・・・
皆さんもお気軽にお声かけくださいね!

_MG_7985

_MG_8039

Nさんのお住まい
2008年に撮影。さらに木部に磨きがかかっていると思います。

お客様目線

こんにちは。バウハウスの天野です。
涼しい日が続いたなと思ったらまた暑苦しい日がつづきましたね。
残暑が厳しいどころではありません!

事務所の改築工事も順調に進んでいるように見えますが
工事担当者曰く、少し遅れがでているとのことです。

少しってどれくらい?
いつになったら完成するの?

などと突っ込みたくなるのですが、これってお客さんも同様ですよね。
お施主さま優先なので工事管理もなかなか大変だなと思いつつこれを機会に
お客様目線で「あるといいもの」やお客様に応える+αを探していこうと思います。

とにもかくにも毎日、暑い中汗びっしょりになって仕事をしている職人さん、現場担当者、管理者の皆さん、
本当にお疲れ様です!

新しい事務所ご披露まで1か月少しかかるようです。
IMG_20170706_165218

*見学会のお知らせ*
8月26・27日(土・日)は千葉県印西市にて完成見学会を開催致します。

竹林に囲まれた自然豊かな環境でお子様をのびのび育てたいとご要望をいただき、
家族の気配を感じながら暮らせる、オープンな空間の住まいが完成しました。
広々とした庭では家庭菜園やガーデニングを楽しむこともできます。
もちろん、薪ストーブもあります。
バウハウスの「豊かな暮らし」を少しのぞいてみませんか?
都心から1時間で通えるのんびり、ゆったり過ごせる家。
是非、ご来場ください。

お問い合わせは 04-7127-8200 担当:天野
詳細はイベントページにてご確認ください。

子供の住みたい家

こんにちは。バウハウスの天野です。
8月も半ばですね。
お子様たちの宿題は終わりましたか?

私の息子も小学3年生になり今年から作文の宿題が新たに加わりました。
作文というか国語が苦手な息子・・・。
読書が嫌いなようで(その割には辞典が好き)本を読みなさいと言っても聞く耳持たず・・・。
いつも野球のことばかり考えているので野球に関する本を勧めるもののすぐに実践へと移ってしまいます。

なので読書感想文は早々に諦め、生活作文を書くことにしました。

まず題材に選んだ課題は
「こんな木の家に住みたい」
でした。

さてさてどんな作文が仕上がるかなと思いきや突然絵をかきだした息子。
「やっぱり庭は広くないとね。野球ができるくらい。他のスポーツもできるように・・・」
外構から語りだす、絵をかく。

「遠いところが見えると気持ちが良いから~」
なるほど!景色重視ね。なかなかしぶい!!
「3階建てがいいな~」
「天井は高くて1階から3階まで吹き抜け。ボール投げが楽しいでしょ。」
ふむふむ。一応考えて絵を描く・・・。平面図らしい・・・。
それから木の登り棒に、外のプールまで続く滑り台、ブランコ。
バッティングとトレーニングルームは絶対!
などと言いながら絵を書き上げていく・・・。

そして出来上がった絵を得意気に見せてプレゼンを始めました。
木の家が良いのは暖かいから。薪ストーブが欲しい。などベースは我が家のよう。

常日頃「家は楽しくないとね!」という祖父の言葉を頭に考えたそうです。
さて、いざ作文にしようとすると言葉に詰まる息子。

ひとつひとつ要望を書き出し息子の想いをつなげていきます。
下書きができあがり、作文用紙に書き込むこと数分。その間何度か投げだしそうになる息子。

そんなこんなで出来上がった作文は自分の家に対する思いも書いてあり「へぇ~」と思わず
関心してしまう内容でした。

「大きくなったら自分でこんな家を建てるよ!」という言葉と
作文を書くのに絵をかくところから始める息子に将来は設計士か?大工か?と少し期待をする親ばかな私でした。