ヘッダーロゴ 住まいの設計工房バウハウス 株式会社バウハウス/バウハウス一級建築士事務所
メイン写真
Daytona Jan.2016

Daytona Jan.2016

PICK UPをピックアップ! 第4回 マツダ・プロシード・キャブプラス

まだ見ぬユニークなピックアップトラックの使い方を探る当連載。これまで大型(しかも3回のうち2回がシルバラード…)だったが、今回は、やや小柄で美香氏ながらの国産ピックアップらしいデザインをもつマツダ・プロシード。走行距離20万キロオーバーの老兵だが、オーナーの溢れんばかりの愛を感じた。

ページを拡大して見る

SUUMO 2016冬春

SUUMO 2016冬春

「真冬でも素足で過ごせる」自然素材に囲まれた住まい

憧れだった薪ストーブを眺めながらくつろげる土間リビング。理想以上の住まいだという

ページを拡大して見る

火を感じ、緑や土に触れる毎日 大人と子供がのびのび暮らせる家

「家庭菜園も楽しめる『田舎暮らし』に憧れていた」と話すOさんご家族。今回の家づくりを機に、広い敷地があるエリアへの移住を希望し、相談したのがバウハウスだった。

ページを拡大して見る

チルチンびと 2016冬

チルチンびと 2016冬

自らつくった森に囲まれ心豊かに日々を暮らす家

楽しい暮らしを提案するなら、まずは自分がそれを実践しなければ。こう考える工務店の社長がつくり上げたのは、自然の力で快適に過ごせるとともに「遊び」もたっぷりの住まい。のびやかな空間に身を置くと、時間がゆったり流れる。

ページを拡大して見る

地元で評判の工務店で建てた家 2016年東日本版

地元で評判の工務店で建てた家 2016年東日本版

愛犬と共にくつろぐ高性能な木の家

Mさん夫妻とともに暮らすのは、ミニチュアダックスフンドのレイとロッカ、そしてイングリッシュコッカ―スパニエルのラテ。人と犬が快適に暮らせる家を求め、夫妻は住まい建築工房バウハウスに家づくりを依頼した。

ページを拡大して見る

ガレージのある家 BEST100

ガレージのある家 BEST100

クルマと人、そのどちらにも快適な趣味の砦。

縄文時代中期から晩期に形成され、現在は国の史跡にも指定されている山崎貝塚遺跡を眼前に望む、陽当たりのいい高台に三品邸は建っている。「以前はここからさほど離れていない場所で暮らしていて、そこも気に入ってはいたのですが、この土地のロケーションのすばらしさはガレージを作るいいきっかけになりましたね」。ガレージには昔から…

ページを拡大して見る

地元で評判の工務店で建てた家 2015年東日本版

地元で評判の工務店で建てた家 2016年東日本版

日々の暮らしを楽しむ快適な室内環境の住まい

千葉県野田市の講演と雑木林に囲まれた高台にバウハウスを主宰する三品信喜さん夫妻が暮らす住まいがある。建物は「快適に暮らせる住まいであること」という提言どおり、外断熱工法で仕上げられ、室内環境は次世代エネルギー基準を上回る断熱・気密性となっている。特に気密性能はC値0.4と高水準で、無垢材の床など…

ページを拡大して見る

ニッポンの注文住宅184 2015年1月号

ニッポンの注文住宅184 2015年1月号

仕切りをなくしたオープン空間でどこにいても心地よい陽光と風を堪能

「どこにいても自然光が入って風通しがよい、そんな家に住みたかったんです」とAさん。なぜなら、以前住んでいたアパートが暗く窮屈で、「休みのたびに外出していた」からだ。そこで主寝室、洗面室以外の空間は仕切らず、家の中央には屋根まで抜ける大きな吹抜けを設置。そのまわりに暮らしのスペースを配分することで、1階LDK、2階の子供スペース、ロフトまでをひとつながりにした。

ページを拡大して見る

薪をくべたり、デッキで遊んだり毎日がアウトドア気分で暮らす家

長男が生まれ、動きが活発になると下の住人に気をつかうことになりそうと、実家の建て替えを決意したMさん。2人目が生まれると同時に新居に引っ越した。建てたのは保温性と断熱性に優れた木の家。化学物質を使わず、素足で歩きまわれる自然素材の家だ。

ページを拡大して見る

IN THE LIFE3

IN THE LIFE3

クルマと人、そのどちらにも快適な趣味の砦。

縄文時代中期から晩期に形成され、現在は国の史跡にも指定されている山崎貝塚遺跡を眼前に望む、陽当たりのいい高台に三品邸は建っている。「以前はここからさほど離れていない場所で暮らしていて、そこも気に入ってはいたのですが、この土地のロケーションのすばらしさはガレージを作るいいきっかけになりましたね」。ガレージには昔から…

ページを拡大して見る

理想をかなえる上質な家2

理想をかなえる上質な家2

時を重ねるほどに味わいと愛着が深まる家

心地よい家は、家族を豊かにする。豊かな家族は、暮らしに味わいを見つけ、より素敵に輝いていく。まるでピュアな心を持つ人が縫う、肌触りのいい衣服のような住まい。そんな家のあるべき姿が、ここにある。

ページを拡大して見る

SUUMO 2015秋冬

SUUMO 2015秋冬

エアコン1台で快適。豊かな暮らしを叶える無垢の住まい

「バウハウスさんの家は、全然生活臭がしないことにも驚きました」とIさん。高気密・高断熱の外張断熱住宅は、24時間計画換気システムの全館空調がしっかり機能する。無垢材の内装や高いデザイン性に加えて、住宅性能の高さも同社の自慢だ。

ページを拡大して見る

「森を造って暮らす」エアコンに頼らないエコな住まい

年々暑くなる日本の夏。そんな夏をエアコンに頼らず快適に暮らす工夫を提案したバウハウス代表・三品さんの住まい。工夫といっても大げさな設備や機器を使うのではなく、身近な自然と上手に付き合うエコな仕掛けを随所に盛り込んでいる。

ページを拡大して見る

SUUMO 2015夏秋

SUUMO 2015夏秋

「森を造って暮らす」エアコンに頼らないエコな住まい

年々暑くなる日本の夏。そんな夏をエアコンに頼らず快適に暮らす工夫を提案したバウハウス代表・三品さんの住まい。工夫といっても大げさな設備や機器を使うのではなく、身近な自然と上手に付き合うエコな仕掛けを随所に盛り込んでいる。

ページを拡大して見る

SUUMO 2015冬春

SUUMO 2015冬春

深呼吸したくなるような爽快感 家族の笑顔がはじける木の家

「友達を呼ぶと、木のいい香りがするねと言われるんです」と話すAさんの言葉通り、玄関に入ったところから心地よい木の香りに包まれる。原研の土間は奥行き4mと広く、間仕切りなくそのままリビングへ。リビングの床はバーチのむく材、天井は構造を見せた吹抜けでまさに木の家だ。

ページを拡大して見る

子ども部屋のない自然素材の空間。家全体が「遊び場」

間仕切りのないワンルームのような空間にした2階のLDK。壁の一部にクライミングウォールを取り付けたことで、頭上のロフトまで登っていくことができる。「開放的な空間ですが、全然結露もなく室内はどこも一定温度。快適な暮らしを満喫しています」とEさん

ページを拡大して見る

「子ども部屋はつくらない」家づくりの考え方で子育てが決まる。

2階のフリースペース。階段を上がったところにあり、間仕切りは設けていない。ここには三品社長からのプレゼントであるブランコを設置。奥に見える吹き抜けを通じて、1階にまで子どもたちの楽しそうな声が響き渡る

ページを拡大して見る

SUUMO 2014秋冬

SUUMO 2014秋冬

子どもの感性を豊かに育てる 大人が暮らしを楽しむ木の家

2階にあるオープンスペース。子どもが小さいうちは、広いスペースを使って家族みんなで遊びたい。そうした施主の想いを形にするため、あえて間仕切りをつくらず、子ども部屋も設置しなかった。「自分たちの生活に馴染むシンプルな木の家が完成して大満足です」とKさん

ページを拡大して見る

「家づくりは子育てに直結する」子どもを健やかに育てる家とは

「家づくりは子育てに直結」。こう語るのはバウハウス代表の三品さん。住宅業界40年以上の実績や、5人の子どもを育て上げた親として辿り着いた答えだという。

ページを拡大して見る

SUUMO 2014夏秋

SUUMO 2014夏秋

家族の会話が響くオープンな大空間 エアコン1台で家中が快適に

「海外の広い住まいで暮らしていた経験があるので、窮屈な空間は嫌でした」。広い吹き抜けのLDKでも、住まい全体を通じて、エアコンは右上に見える1台のみで、年中快適だという

ページを拡大して見る

「初めて入ったのに、なんだか寛げた」華美な装飾がない自分たち好みの家

「和風過ぎる古民家でもなく、流行のモダンスタイルでもない…。自分たちに馴染んでゆくシンプルな木の家がほしかった」と話すのは写真の施主Kさん。こうした漠然とした想いを抱きながら、住宅会社の情報を集める中で出会ったのがバウハウスだった。

ページを拡大して見る

SUUMO 2014春夏

SUUMO 2014春夏

リビングは子供の遊び場 家族一緒に楽しく暮らす

「2階のリビングで、いつも家族一緒」と話すMさん。「バウハウスさんは日常会話の中からプランを組み立ててくれました。住んでみると全てがジャストサイズで暮らしやすいです」

ページを拡大して見る

家族の会話が響くオープンな大空間 エアコン1台で家中が快適に

「家族の気配がいつでも感じられる家」と、笑顔で話すのは施主のIさん。玄関からダイニングまで間仕切りがなく、さらに屋根裏部屋までつながる吹き抜けのある住まいだ。2階の子どもたちとも会話ができ、いつも賑やかな声が響き渡っているという。

ページを拡大して見る

SUUMO 2014冬春

SUUMO 2014冬春

エアコン1台で快適。豊かな暮らしを叶える無垢の住まい

「バウハウスさんの家は、全然生活臭がしないことにも驚きました」とIさん。高気密・高断熱の外張断熱住宅は、24時間計画換気システムの全館空調がしっかり機能する。無垢材の内装や高いデザイン性に加えて、住宅性能の高さも同社の自慢だ。

ページを拡大して見る

リビングとロフトが子どもの遊び場 家族が一つになって楽しく暮らす

「芳しい香りに包まれる木の家がほしかった」と話すのは施主のMさん。ハウスメーカーで要望を話すも、なかなか理想のプランに出会えず「家づくりとはこういうものか…」と落胆しかけていた時に訪れたのが、バウハウスのモデルハウスだった。「まさに一目ぼれ。ふんだんに使われた木のいい香りと温もり、そして驚いたのが各空間で間仕切りがないことでした」と振り返る。

ページを拡大して見る

SUUMO 2013秋冬

SUUMO 2013秋冬

土間リビングにガレージ…暮らしを楽しめる住まい

土間リビングで寛ぐご夫妻。左の本棚の向こうは玄関になっており、玄関・土間リビング・DKが間仕切りなく緩やかにつながる。これほどオープンなプランでも一定の室温で快適

ページを拡大して見る

エアコン1台で快適な高性能住宅 豊かな暮らしを叶える無垢の住まい

「一生に一度なのに、建売や建築条件付き敷地での家づくりは嫌だった」と話すのは施主のIさん。そこで土地探しから1年以上たっぷり時間をかけ、数多くの会社を検討して出会ったのがバウハウスだった。「初めて施工例を見た時は本当に驚きました。味わい深い無垢の内装、家具まで造作、そして間仕切りが全然ない…今まで見てきたどの会社よりも印象的でした」とIさん。

ページを拡大して見る

pagetop