ヘッダーロゴ 住まいの設計工房バウハウス 株式会社バウハウス/バウハウス一級建築士事務所
メイン写真

設計・デザインへのこだわり

バウハウスの住まいは、吹き抜けや大空間の可変プランが特長的なシンプルデザイン。

ここでは弊社の住まいのデザインや特徴的なプランの基となる考え方やこだわりをご紹介します。

開放的な間取り・間仕切りのない大空間


バウハウスの住まいは、余計な装飾のないシンプルデザイン。

自然素材をふんだんに用い、吹き抜けで玄関から小屋裏までつながるような、

開放的な大空間も特徴の一つです。

それを可能にしているのが外断熱工法の採用。高気密・高断熱住宅だからできる設計です。

そのため、間仕切りを設けない大空間でも温度差を生じず、ヒートショックの心配はいりません。たったエアコン1台で全館冷暖房、年中快適な温熱環境をつくります。

またバウハウスの住まいができるだけ間仕切りを設けないことには、理由があります。
「開放的な空間の気持ち良さ」というのが一番の理由ですが、他にも間仕切りを設けないこだわりがあります。理由の一つは「暮らしの変化」です。今建てようとしている家が、5年後、10年後、ご家族の暮らしの変化に伴ってどういう必要性が生じてくるのでしょうか。


また、若い時分の住まい、40代前後の壮年期と、50,60代以降の住まいでは家に対する要求品質や好みも変わってきます。ですから、後々の暮らしの変化、好みの変化も考慮した、将来の暮らしの変化に対応できる住まいにしておくことが必要です。

『今、100%の住まいを造ってしまわず、70%造って、後は住みながら手を入れていく』決められない事や将来どうなるかわからない部分は今造らないのがバウハウスの考え方です。

でも後で造るのも大変なこともあります。そんな場合はスペースだけを確保し、普段はリビングや多目的スペースとして使えるようにしておくよう提案をしています。このためバウハウスの家ではできるだけ間仕切りを設けていないのです。

理由の二つ目は、「人は3メートルの距離をとると相手をあまり意識しなくなる」といわれます。家族が集まっても3メートルの距離が取れる大きなリビング、大きな空間があるだけで、各々が好きなことをしながら必要以上に干渉しない、だがお互いの様子は常に感じ取れる理想的な団欒ができるわけです。「家族の団欒」は『お互いに干渉することなく一つの空間を共有すること』と考え方です。ですから間仕切らない、個室はなくしても大きなリビングは必ず造るよう提案をしているのです。





それぞれの暮らしに合わせて、家具は個々に造作する



自然素材をふんだんに用いた、シンプルでダイナミックな空間が特徴のバウハウスの住まい。
そしてさらにそのシンプルデザインを印象付けてくれる名脇役がたくさんいます。
バウハウスの造作家具や収納です。

 

バウハウスの家で家具や収納の多くは、既製の住設を選んで設置するのではなく、

それぞれの住まい、住む人、その暮らしに合った必要な家具を必要なだけバウハウスの職人が手づくりしています! 

まさにオートクチュールです。
事例セレクションやバウハウス・スタイルの暮らしをじっくりご覧になっていただくと

「えっ?あれも造作、これも造作なの・・・」と、他社との家づくりの違いに驚かれることと思います。
職人の高い技術の成せる技と、バウハウスのシンプルデザインに完璧に合致した意匠により、
「住設」「家具」という一般的な質感の違いを全く感じさせることがなく、

いわばシンプルデザインに同化しているため、気づきにくい特徴かもしれません。

論より一見、いくつかをご覧ください。






子ども部屋は造らない、必要ない個室は造らない


「子どものうちは個室やプライバシーは不要」が私たちの信条です。
子供室を勉強部屋と勘違いしてはいけません。子供室で勉強する子はなかなかいません。子どもにとっては親の干渉から逃れる部屋「篭る部屋」なのです。教育上、害はあっても良いことはありません。
私たちは『住まいは子どもにとって多少不自由さや不便さを感じる場所であっていい』と考えます。不自由、不便な住まいだが楽しい住まい。便利さより豊かさを追求した家づくりが子どもの社会性や自立心を養うと信じています。兄弟喧嘩や姉妹喧嘩もやがてはお互いに妥協したり我慢したりする、こうして子供は知らず知らずに社会性を学んでいきます 。

このような考え方から、子ども部屋は造らず、(前述のように)間仕切りを設けず、広い空間の中でも子どもの様子や気配は常に感じ取れる、そうした距離感の中に健やかな子どもの成長をみられる団欒の空間。それが豊かな暮らしにつながると確信しています。

また豊かな暮らしを追求するバウハウスの家では、必要となる時まで部屋を仕切らずに、リビングや多目的スペースとして広く使うよう提案しています。ですから、必要ない個室は造りません。設計においては部屋数や間取りばかりを重視するハウスメーカーや他社とは、全く逆の思考と言えるかもしれません。

遊び心が暮らしの愉しさを増幅させる


「バウハウス・スタイルの暮らし」や「事例セレクション」には、
ブランコで遊ぶ子どもたちや、クライミングウォール、ロフトから吊り下がるロープによじ登る子どもたち、

広い無垢の床を走り回る子どもたちがたくさん登場します。

大人も、ご自分で日曜大工にウッドデッキを造る方、大勢でウッドデッキでBBQを愉しむご家族、

趣味室で自分の世界に没頭する方、ガレージ兼用に大きな土間玄関をつくった方、家庭菜園、大切な家族ペットとの暮らし・・
みなさんそれぞれに個性あるライフスタイルを持ち、暮らしを愉しみ、満喫されています。
バウハウスの家には、何気ないところに、そんな暮らしの愉しさを増幅させてくれる"遊び心"をくすぐるアイテムがあります。

だから、バウハウスの家に暮らす人々は、みんな笑顔がいっぱいです。










pagetop